苦情受付と報告

令和2年7月28日
 習い事の送迎や習い事後の預かりについて尋ねていた。「園からの送迎もいいですよ。」と言われた翌日に「それはダメです。」と言われ納得できないという話をいただいた。
 伝えようとした意図とは全く違うように捉えてあるので、謝罪を行った上で園の方針を伝え理解していただいた。保護者への伝え方について職員間で話をし、一人ひとりが説明できるように伝えられるようにスキルアップを目指すことを話す。
 
令和2年7月3日
 子どもが運動会鼓隊の担当選出で、希望しているものではなく、違うものを担任から勧められた。また、子どもの前で希望しているものを別の子どもに勧めたりと、選出方法に納得がいかないというお話をいただいた。
 人選については人選方法も説明した上で、保育士の対応も配慮に欠けていたことを謝罪する。今後は、子どもの思いを汲みとる保育を行なっていくよう職員で共有する。
令和2年7月1日

 連絡帳に「子どもと関わる時間を大切にしてください。」と書かれていて子どもの様子に何かあるのか不安になったというお話をいただいた。お迎えの際に保護者にいきさつをお伝えするとともに、不安にさせてしまったことを謝罪する。
 今後は、子どもの様子を丁寧に伝えることを職員間で共有する。
令和2年7月1日
 水いぼの治療について毎日担当保育士から言われた。兄弟のクラスの担任は何回も言われないのに、クラスによって対応が違うという相談があった。
 職員で共有し、各クラス担任の対応を確認した。今後は園としての方針を定め、どのクラスも同じ対応をとることにする。