7月 クラスだより

令和3年7月 松組

 待ちに待った水遊び!「今日、プールに入る?」と毎日楽しみにしています。「プールに入る準備をしよう!」と声をかけると、わくわくした表情でお茶を飲んだりトイレへ行ったり、自分達で水遊び前の準備をしています。着替えも早く、さすが年長組だなと感じています。プールでは水をかけ合ったり、水鉄砲で遊んだり伸び伸びと遊ぶ姿が見られます。「先生、見よって!」と水に顔をつけて見せる子どももいて、夏ならではの遊びをそれぞれに満喫しています。先月の終わりから楽器にも触れています。「前の松組さんがしよったね。」と言いながら、いろいろな打楽器に興味津々で、音を出したりリズムを真似して叩いたりしています。“自分達もやりたい”“楽しい”と思う気持ちを大切にしながら、これから運動会へ向けて練習を進めていきます。子ども達も疲れやすくなりますので、水分を摂ったり休息の時間をつくったりしながら、健康的に過ごせるよう十分気をつけていきたいと思います。

令和3年7月 竹組

♪ささのは〜さ〜らさら〜♪子ども達の元気な歌声が響いていた七夕まつり。友達と一緒にワクワクした表情で笹に飾り付けをしたり、織姫と彦星のパネルシアターを見たり…夏の夜空に想いを馳せながら楽しく参加する様子が見られました。みんなの願い事、叶うといいですね。プールでは、全身を存分に動かし、大きな水しぶきをあげながら遊んでいる子ども達です。開放的な気分でついついハメをはずしがちですが、静かに話を聞く場面、思い切り楽しむ場面とメリハリをつけながら活動を進めるなかで安全な遊び方が身についてきました。よく遊び、よく食べ、よく眠り、心も体もぐーんと成長できる夏にしたいと思います。来週の夏祭りでは桃組の子ども達と一緒にお店屋さんをする予定です。ペア決めを行うと早速大張り切りで手を引いてリードする姿が見られましたよ。当日は「いらっしゃいませー♪」と大賑わいでしょうね。写真にて様子をお伝えしますので楽しみにしていてくださいね。

令和3年7月 桃組

 汗ばむような日が続き、夏の訪れを感じるこの頃。七夕まつりやプール遊び、夏まつりごっこと夏ならではの行事にドキドキワクワクでいっぱいの子ども達です。先日の七夕まつりでは、みんなで笹飾りをしました。願い事は一人ひとり様々でしたが、短冊を大切にしながら丁寧に飾る姿や「ぼくは○○になりたい。」とみんなに言って回る姿に子ども達の熱い思いがひしひしと伝わってきました。「願い事が叶いますように…。」と色んな面で頑張る姿に微笑ましくも成長を感じたひと時となりました。

 

 また、子ども達は毎日プール遊びを楽しみに登園しています。プール遊びの時間は、常に沢山の笑顔と楽しそうな笑い声が響いていますが、時には「危ない!」というような場面もありました。子ども達と一緒に約束事を繰り返し確認しながら安全面には十分に気を付けて今後も楽しみたいと思います。疲れて帰ってくる日が続くと思いますので、ご家庭でもゆっくりと休息を取られてくださいね。

令和3年7月 すみれ組

 プール遊びが始まり、ワニになって全身水につかったり、ジャブジャブ歩いたり、バケツに金魚を集めたりと思い思いに水遊びを楽しんでいます。特に人気の遊びは水鉄砲!保育者をめがけてとばし、当てると得意気な顔の子ども達です。さらに今年から大プールにも入ることができるようになり、「大きいプールに入る人―?」と聞くと、「入りたーい!」と大喜びで子ども達も入っていますよ。これからも水の気持ちよさを感じながら存分に子ども達と楽しんでいきたいと思います。

 

 プール遊びが始まったことで、自分で洋服の着替えにも挑戦しています。ズボンの着脱は1人でも上手にできるようになりましたが、上着の着脱がまだ難しいようで「して。」と保育者に助けを求める子ども達。一緒に持って服の前後を確認しながら着脱の練習をしています。家庭でもお子さんと一緒に衣服の着脱に挑戦されてみてくださいね。

令和3年7月 たんぽぽ組

 

いよいよ待ちに待ったプール遊びが始まりました。初めは緊張した様子の子ども達でしたが、沢山の玩具に誘われてすぐに笑顔になり、喜んで遊ぶ姿が見られています。頭や顔に水が掛かってもへっちゃらな子、水鉄砲やスコップなどの玩具に興味を示す子、水が怖くて泣いてしまう子…子ども達の反応はそれぞれですが、一人ひとりが自分のペースで安心して楽しめるように、ゆっくりと進めていきたいと思います。

 

まだまだ一人遊びが多い子ども達。しかし最近は、友達の動きや遊ぶ様子を見て関心を示すようになってきました。真似して積み木を積み重ねたり、一列に座って電車ごっこを楽しんだり、同じような声を出したり…と、互いに笑い合いながら、友達と関わる喜びを感じているようです。より一層にぎやかになり、全体的に活発になってきました。今後も安全面には十分気をつけつつ、時には保育士も一緒に遊びながら関わりが深まるように楽しく過ごしていきたいと思います。

 

令和3年7月 梅組

 

6月末から始まったプール遊び。梅組の子ども達は、カラフルで可愛い乳児用プールに温水に入れ、楽しんでいます。温水シャワー(ジョーロ)を手足にかけると水をつかもうとしたり、水を怖がることなく水面を叩いてしぶきを楽しんだり…それぞれのペースで水に親しみ喜ぶ子ども達です。4月は、ねんねや抱っこだった子どもがずり這いして好きなところに行ったり、這い這いや伝い歩きだった子どもが、手放しで1人立ちしたりよちよちと歩き回るようになったり、手づかみで意欲的に食べるようになったりと日々成長を感じています。また、自分より小さい友達に興味を示すようになり、ラックを揺らしたり頭をよしよししたりする姿も見られます。友達への興味が出てきたことで、おもちゃの取り合いなども時々見られるようになってきましたが、「かして」「ちょうだい」などの言葉を代弁しながら、友達と関わる楽しさを伝えています。これから暑さが厳しくなってきます。一人ひとりの健康状態と安全面に十分に気をつけながら、ゆったりとした雰囲気の中で夏ならではの遊びを楽しみ、元気に過ごしていきたいと思います。

6月 クラスだより

令和3年6月 松組

 梅雨の晴れ間、楽しみにしていた泥んこ遊びをしました。友達と協力して長い川ができると「先生!見て!小川ができたよ!」と知らせてくれました。たくさんの泥だんごを作って並べる子ども達、バケツいっぱいに水を汲む子ども達、思い思いの楽しみ方をする中でだんだん慣れてくると、地面に寝そべってリラックスしている姿も見られました。この時期ならではの経験をし「楽しかった。」「またしよう。」と生き生きとした表情の子ども達でした。次は、もっとダイナミックになるかなと楽しみです。

 先日、キュウリの初収穫をしました。「大きいね。」「チクチクしとる。」「においがする。」とそれぞれの気づきがあり、その日の給食で出してもらうとみんな嬉しそうに食べていました。ちょっと苦手そうな子どももいましたが…その他の野菜の生長、朝顔の葉の変化などへの興味、それぞれの気づきを受け止めてみんなで共有し、一緒に見て触れて楽しみたいと思います。

令和3年6月 竹組

 どろんこ遊びへのご理解とご協力ありがとうございます。ワクワクした表情で着替えを済ませると裸足で元気に外へ飛び出して行き、泥や水の気持ちよさを感じながら夢中で遊ぶ子ども達でした。水たまりの上を思い切りジャンプして大きな泥水のしぶきをあげたり、手足に泥のパックを塗り合って楽しんだり、友達と協力しながら根気よく砂場に迷路を作り水を流して喜んだりと発想を豊かに膨らませながらいろんな遊び方を試す様子を見て、考える力や根気強さ、仲間と協力する気持ちなどが遊びを通して育っているように感じました。汚れるのが苦手な子も自分のペースで楽しめるよう見守りながらこの時期ならではの遊びを満喫していきたいと思います。
 そして最近嬉しくなるのが、年下の友達や赤ちゃんを喜ばせよう!助けてあげよう!と頑張る姿がたくさん見られるようになったことです。優しい気持ちが伝わってきます。お兄さん、お姉さんとして成長していく子ども達の今後が楽しみです。 

令和3年6月 桃組

天気の移り変わりが多いこの時期ですが、室内や戸外に関係なく、子ども達は汗ばみながら日々色々な遊びを楽しんでいます。園生活にも慣れ友だちや保育士との関わりも深まってきたように思います。今月から始めた歯磨きですが、初日から子ども達の取り組み方に驚きました。みんな保育士の手本をじっ~と見ながら集中して歯磨きをしてくれました。磨いた後は、「見て~!ピカピカね!!」とみんなで嬉しそうに見せ合いっこなんかもしていますよ。歯磨きセットの準備、ご家庭での練習等ご協力頂きありがとうございます。今後も週末に歯磨きセットを持ち帰りますので毛先等の確認をお願いします。

 

 先日から虫探しに夢中な子ども達。沢山虫を集めていたので「虫さんにもお家があるからきちんと返してあげてね。」と約束をしました。すると、部屋に戻るときには虫に向かって、「バイバイ、また遊ぼうね!」とそぉーっと手放して別れを惜しむ姿に心の温もりを感じました。そんな優しい姿を今後も沢山見つけて保護者の皆様に伝えていけたらなぁ~と思います。

令和3年6月 すみれ組

 暑い日が増えてきていますが、晴れた日は水遊びや泥んこ遊び、雨の日は粘土や新聞遊びと感触遊びを楽しんでいます。水を出すと「きゃー!」と言って自分から濡れに来たり、水たまりではジャンプしたりとダイナミックな子ども達。先日の新聞遊びでも、新聞のじゅうたんに寝そべってゴロゴロと転がったり、ワニに変身して新聞の海の中を進んだりして大喜びでした。中には、初めての粘土や泥んこ遊びで汚れるのが苦手で、なかなか触れない子もいましたが、保育者に誘われたり友達の姿を見て少しずつ楽しむことができるようになっています。感触遊びを楽しむ中で、「冷たい!」「やわらかい!」「ベタベタ!」など子ども達が自ら感触に気付いて、保育者に伝えてきますよ。今後も子ども達の発見に耳を傾けながら感触遊びを楽しんでいきたいと思います。これからプール遊びが始まります。暑い夏を元気いっぱい過ごせるように十分な休息と水分補給に気を付けながら過ごしていきたいと思います。

令和3年6月 たんぽぽ組

 

雨が多い時期ですが、子ども達の笑顔は曇ることなくいつも笑顔一杯です。笑い声も大きくなり、とってもにぎやかなたんぽぽ組。友達の名前を覚えて呼び合ったり、一緒に手を繋いで歩いたり…と、少しずつ友達同士で関わる姿が見られてきたように感じます。友達の真似をして苦手な食材を口に入れようとしたり、ズボンや紙パンツの着脱に挑戦したりする姿も見られており、沢山の刺激をもらいながら過ごしています。まだスプーンを使っての食事や着脱等、上手くいかないことも多いですが、援助することで「出来た」という喜びを感じています。沢山褒めたり一緒に喜んだりする中で、子ども達が「自分で出来た」という満足感を味わい、「自分でしたい」という意欲に繋がるよう関わっています。家庭でもぜひ挑戦し、励まし褒めてあげてください。

 

しばらくは雨の日も多いとは思いますが、室内で体を動かす時間も沢山取り入れながら、子ども達の欲求にしっかりと応えていきたいと思います。

 

令和3年6月 梅組

部屋から外を眺めては「あっち!」と園庭を指差し、外へ行きたいことを伝えてくる子ども達。保育士に抱っこされ、少しずつ砂に足を着くことに慣れてきた友達も、今では気に入った遊具の方へ移動して遊んでいます。小さい子は散歩車に乗ってすやすや気持ち良さそうな寝顔を見せている子もいますよ。雨の日は、テラスを散歩したり、シャボン玉を楽しんだりして気分転換するようにしています。

歌や手遊びを始めると、リズムに乗って手や体をゆらゆら動かし、かわいい表情を見せてくれるようになりました。

梅雨の季節ですが、雨の合間には泥んこ遊びをしたり、水にも親しんでいきたいと思っています。どんな表情を見せてくれるのか楽しみです♪

暑くなってくると子ども達は、思っている以上に体力を消耗しやすくなります。水分補給や衣服の調節、室温管理をしながら健康に過ごしていきたいと思います。

5月 クラスだより

令和3年5月 松組

  今月から、新しい友達が仲間入りし、ますますにぎやかになった松組さんです。最近は「トイレのスリッパがぐちゃぐちゃやん。」「まだここにおもちゃがあるよ。」などと周りのことによく気が付いて知らせ、積極的にスリッパを並べたり、最後までみんなで片づけたりするようになりました。「ありがとう。助かったよ。」と言葉をかけるとニッコリ!意欲的な姿が見られます。

 この1カ月で夏野菜の苗植えやジャガイモ、人参、玉ねぎ掘り、朝顔の種まきや球根掘りなど年長児ならではの体験をしました。収穫の喜びを感じながら、土に触れ、感触を楽しむこともできました。中には小さい虫や幼虫を見つけ、知らせてくれる子ども達もいて、生き生きとした表情を見ることができ、とても貴重な時間でした。今は水かけや観察をし、「大きくなりますように!」と生長を楽しみにしています。

 これからもっと暑くなり、活動量も増えてくるので、疲れやすくなるでしょう。休息をとりながら、それぞれの体調に十分気をつけていきたいと思います。

令和3年5月 竹組

 連休明け、友達との再会を喜んでいた子ども達。にぎやかにおしゃべりを楽しむ姿、笑顔いっぱいにじゃれ合う姿にほっこりとした気持ちにさせられました。ケンカも日常茶飯事ですが、心の中ではしっかりと固い絆でつながっているようですね。また「連休中の出来事」をインタビューするとみんな照れながらも嬉しそうに発表してくれましたよ。制限の多いなかでのゴールデンウィークでしたが、家族で楽しく過ごせた様子が伝わってきました。

 ぐーんと気温が上がったり、雨が降ったり、安定しない空模様が続いていますが、日々子ども達が様々な活動に楽しく挑戦できるように心がけています。ピアニカの活動を行うとまるで宝箱開けるかのようにワクワクした表情を浮かべ、喜んで鍵盤に触れていました。見ているだけで楽しいメロディーが聞こえてくるような光景でしたよ。(※ホースを使った本格的な練習はコロナウィルス感染拡大が落ち着くまで延期したいと思います。ご了承ください。)

 

令和3年5月 桃組

 新年度から約一ヶ月が過ぎ少しずつ緊張もとれ、元気いっぱいの笑顔で過ごす姿が増えてきました。朝登園してくると「〇〇くん、来てない?」「〇〇ちゃんは?」など友だちとの関わりを楽しみにしている子ども達の姿が見られます。友だちとの関わりの中で、良いことも悪いこと含めて色んな思いがあることに気づいてくれたらなぁ~と思います。

 

 天気が良い日には戸外に出て伸び伸びと遊んでいますが、雨天時には、室内でマットや平均台を並べてアスレチックのようにして体を動かして楽しんでいます。高い所からジャンプしたり、不安定な所を渡ったりと最初は恐る恐る挑戦していた子ども達ですが、今では子ども達の方から「あれしたい!これしたい!」とリクエストがくるようになりました。日に日に動きがダイナミックになっています。これから雨の日が続きそうですが沢山体を動かして心と体を発散させ、そして体の土台作りを行うためにも、引き続き運動遊びに取り組んでいきたいと思います。

令和3年5月 すみれ組

5月になってだんだん暑い日が出てきていますが、子ども達は毎日元気いっぱい外遊びを楽しんでいます。また外遊びの中でだんごむしを見つけると、じっと観察したり、「だんごむし、かわいいね。」と話したりして、生き物への興味や親しみを持つ姿が見られていますよ。

 

すみれ組になって、自分で朝の準備や水筒・おしぼりの片付けに挑戦しています。一緒に出す物や場所を確認しながら取り組んでいますが、毎日の積み重ねによって自分で片付けることが増えてきました。時にはうまくいかずあきらめたり、保育士に助けを求めたりすることがありますが、さりげなく手伝い、「すごい!自分でできたね!」と褒めると笑顔になって嬉しそうな子ども達です。簡単な身のまわりのことが自分でできるように、またできた達成感を感じられるように、さりげなく援助して関わっていこうと思います。これから蒸し暑くなりますが、水分補給をして体調の変化に気をつけながら過ごしていきたいと思います。

令和3年5月 たんぽぽ組

 

  たんぽぽ組になり、あっという間に1ヶ月がたちました。4月当初は不安そうにしていた子ども達でしたが、少しずつたんぽぽ組での生活にも慣れ、笑顔で過ごせる時間も増えてきたように感じます。大型連休明けには友達と会えるのを喜ぶ姿も見られ、うれしそうに駆け寄る姿に私達もほっこりしました。生活の流れも徐々に分かってきて、お始まりに座って参加したり、歌や体操を楽しんだりする姿が見られています。「ちゅうりっぷ!」「こいのぼり!!」とリクエストするほど大好きな歌は、振り付けつきで楽しそうに歌ってくれていますよ。

 

 天気の良い日は毎日裸足になって、大好きな戸外遊びを満喫している子ども達。汗をかきながらも砂場にリトルハウスに滑り台に…と大忙しです。元気で楽しそうな声も聞こえてくるようになりましたよ。

 

 梅雨も段々と近づいてきているようですが、晴れの日も雨の日も体を沢山動かして、気持ちを発散しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

 

令和3年5月 梅組

 

 

新年度が始まり1か月半が過ぎました。好きな玩具や遊びを見つけたり、戸外に出て心地よさを感じながら身近な自然に触れたり、体を動かして遊ぶことを楽しむ子ども達です。

 

最近は、自己主張が出てきて一生懸命保育士に自分の思いを伝えようとしています。指さしや思いに応えたり、保育士が言葉を添えて、伝えようとする気持ちを大切にしたいと思います。

 

食欲旺盛な高月齢の子ども達。給食では、頑張ってスプーンで食べています。気づくと手づかみ食べになっている時もありますが「自分で!」という意識が高まってきています。さりげなく補助しその気持ちを大切にしたいと思います。低月齢の子ども達は、保育士がスプーンで運ぶとパクッと口に入れ、モグモグしている姿が何とも可愛らしいです。食事が楽しいものとなるよう「モグモグおいしいね♪」など話しかけながら、また咀嚼もしっかりできるよう働きかけていきたいと思います。体調を崩しやすい時期でもありますので、子ども達の体調を把握し、伸び伸びと遊べるように見守っていきます。

 

4月 クラスだより

令和3年4月 松組

 いよいよ年長組となりました。「松組さ~ん!」と呼ぶと「は~い!」と、とても嬉しそうに返事をする子ども達です。「さすが松組さん!」と褒めるとより一層はりきり、毎日伸び伸びと積極的に活動する姿が見られます。春の日差しをあびて散歩をしたり、園庭では友達と誘い合って鬼ごっこやままごと遊びなどを楽しんでいます。そんな中、ときどき思い通りにならず保育者のところへ話しに来ることもあるので、それぞれの思いを聞いて、自分の言葉で相手に伝え合っています。小さい子ども達との関わりの中では、恥ずかしさが見られることもありますが、優しく接する場面が多く見られます。これから相手を思いやり、互いに認め助け合いながら過ごせるように見守ったり、仲立ちをしたりしていきたいと思います。

 園生活最後の一年!みんなで笑ったり泣いたり、時にはケンカをしたりしながらいろいろな経験を重ねて、楽しくより充実した生活を送れるようにしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。 

令和3年4月 竹組

 竹組になれた喜びでいっぱいの子ども達。進級当初は、体が無意識に桃組に向かってしまうことも多く「あっ、間違えたー!」と慌てて戻ってくる姿が微笑ましい毎日でしたが、今では新しい保育室での生活にも慣れ、身のまわりのことにとっても意欲的に取り組んでくれています。みんな立派に成長されましたね。できるようになったことを子ども達と喜び合い、たくさん褒めて自信をつけながら、じっくりと信頼関係を深めていきたいと思っています。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 ポカポカ陽気の下、園庭でのびのびと遊んだり、散歩に出掛けたりしながら元気に過ごしています。虫を見つけてじーっと観察したり、草花を摘んで遊びに取り入れたりと春の自然を存分に味わいながら楽しむ姿も見られています。お昼寝がなくなって喜んでいる反面、午後になると疲れが見られる子もちらほら…。休息をとりながら無理なく過ごせるように心がけていこうと思います。

令和3年4月 桃組

また一つお兄さんお姉さんになった喜びいっぱいに生き生きとした表情が沢山見られます。今年度は新しい友だちが加わり、18名で桃組がスタートしました。2階の保育室に黄色のカバン、体操服にと、今までとは生活スタイルが変わり、最初は戸惑うことも多かったのですが、今では「先生こう?」と聞きながら登園後の身支度などもスムーズにできるようになりました。まだまだこれから戸惑うこともあるかもしれませんが、一つ一つの事を丁寧に伝えて子ども達が「自分でできた!」という喜びを経験する中で自信をつけていって欲しいと思います。

 戸外に出ても沢山体を動かして遊んでいます。園庭中を走り回ったりジャングルジムに挑戦したり、友だちとままごとをしたりとそれぞれに好きな遊びを楽しんでいます。遊びの中で自分の得意なことを見つけたり、友だちの思いに気づけたり、そしてなにより「保育園楽しい!」と笑顔で登園することを目標にしたいと思います。一年間、よろしくお願いいたします。

令和3年4月 すみれ組

 新しい友達3名が加わり、16人ですみれ組の生活がスタートしました。新しい部屋になって、今までと違うおもちゃや絵本を手に取り子ども達も嬉しそうに遊んでいます。また、線に並んで歌を歌う活動をすると、さっと並んで気を付けのポーズ。早速頼もしいすみれ組パワーを発揮していますよ。また、園庭のこいのぼりに夢中の子ども達。こいのぼりにタッチしようとしたり、こいのぼりが風に揺れず垂れていると、「あれ?眠っているのかな?」と大きい声でこいのぼりの歌を歌ったり、「起きて―!」と言って起こしたりかわいい姿が見られています。

 

 すみれ組では、また一段と自分でできることが増えていきますが、子ども達の自分でやりたいという気持ちに寄り添い、できたことは一緒に喜んで子ども達にとって楽しい生活が送れるように関わっていきたいと思います。至らない点があることと思いますが、1年間よろしくお願いします。

令和3年4月 たんぽぽ組

 

ご入園・ご進級おめでとうございます。2名の新しいお友達を迎え、9名でたんぽぽ組がスタートしました。初めは、ちょっぴり不安そうな表情を見せていた子ども達ですが、少しずつ笑顔で過ごせる時間も増えてきています。戸外遊びが大好きで、「お外にいこうね」と声を掛けると、急いで帽子を取りに行く姿が見られます。砂遊びをしたり、滑り台を滑ったり、押し車に跨ったり…毎日、自分の好きな遊びを見つけて遊び込んでいる子ども達です。まずは、[安心して保育園生活を送ること]を目標に、一人ひとりとの関わりを大切にしながら、過ごしていきたいと思っています。そして、楽しい!うれしい!!と思えることが、一つでも多く経験出来たらいいなと思っています。

 

保護者の皆様には色々とご協力をお願いすることがあるかと思いますが、共に子ども達の成長を喜び合いながら見守っていきたいと思っています。一年間どうぞよろしくお願い致します。

 

令和3年4月 梅組

 今年度は9名でスタートした梅組。新しい友達も増え部屋の中は賑やかです。入園当初、新しい友達は初めて家族から離れての集団生活で、涙も多く見られました。進級児の友達も、環境の変化から不安や緊張を感じていました。それでも最近では、登園時は泣いていても、戸外に出たり散歩車に乗ると気分転換でき、落ち着いて過ごせるようになりました。少しずつ園生活や新しい環境に慣れ、保育士に名前を呼ばれると「は~い」と手をあげたり、目が合うとにっこり笑ったりして、多くの笑顔を見せてくれています。園庭で泳ぐこいのぼりや工事の車にも興味を示し、指差して外へ行きたいことをよく催促してきます。見るもの聞くものすべてが好奇心の対象となり、園庭のあちこちにちょこちょこ行っては、目を輝かせている子ども達です。毎日、いろいろな発見をしているのでしょうね。

スキンシップをたくさんとりながら、子ども達の思いを受けとめ安心して過ごせる保育を心がけていきたいと思います。1年間、どうぞよろしくお願いします。

 

 

令和3年7月 竹組