6月 クラスだより

令和4年6月 松組

 先日は、保育参観へのご参加ありがとうございました。久しぶりに園での様子や成長した姿を見て頂けたのではないかと思います。緊張したり、張り切ったりと子ども達の表情も様々でしたが親子での関わりを見せて頂き、こちらも微笑ましくなりました。これからも愛情たっぷりに育って欲しいと思います。

 毎日、鉄棒で逆上がりの練習に取り組んでいます。最初はなかなかコツを掴めずにいたり、消極的な子どもも多かったのですが、毎日コツコツと練習を積み重ねることで少しずつ少しずつ成功へと近づき、子ども達の意欲や取り組みに対する姿勢も変わってきました。そして何より、子どもたち同士で励まし合ったり、成功したときにはみんなで喜びあったりとクラス全体でいい雰囲気ができてきました。これからも諦めずに挑戦する姿やみんなで支え合いながら頑張る姿を大切にしながら見守って行きたいと思います。

 雨が多くなる季節ですが、室内でも沢山体を動かして元気な体づくりを目指したいと思います。

令和4年6月 竹組

 先日は、保育参観へのご参加ありがとうございました。園でお母さんと一緒に製作を楽しみながら、子ども達も思い出に残るひと時を過ごすことができたようです。日々の生活、遊びの中で、友達との関係が深まっています。時には意見のぶつかり合いも見られますが、自分の思いも伝えつつ、相手の気持ちにも気付けるように子ども達のやりとりを見守りながら、必要に応じて仲立ちや言葉を代弁して、よりよい友達関係を築いていけるように関わっていきたいと思っています。

 梅雨の時期は室内での遊びが多くなりますが、子ども達が遊びの中で気持ちを発散できるように、運動遊びや楽しいゲームなど保育内容を工夫していきたいと思います。また、梅雨の晴れ間には、冷たい水や泥の感触を全身で感じながら、子ども達が思いきり気持ちを発散して解放的に遊べるように、泥んこ遊びを楽しみたいと思っています。お洗濯お世話おかけしますが、よろしくお願いします。

令和4年6月 桃組

先日の保育参観では、大好きな保護者の方に見守られ、張り切って頑張っていた子ども達。短い時間でしたが、ご参加頂きありがとうございました。

 

心地よさの中に初夏の訪れを感じるようになってきました。戸外遊びが大好きな子ども達は、汗ばみながらも元気一杯遊んでいます。暑い日には、タライやバケツに水を汲んで泥水遊びも楽しんでいます。汚れるのも気にせず、スコップで泥水をすくったり、水たまりでジャンプしてみたり…と、笑顔一杯。毎日泥や砂まみれになるまで遊んでいます。今は、その後の着替えも出来るだけ、自分達で頑張っています。「どっちが前?」と聞きながら、自分で着ようとする子、悪戦苦闘した後「ならん。」と持ってくる子もいます。難しいながらも一生懸命頑張ろうとする姿を認めながら、意欲を持って取り組めるように援助していきたいと思います。梅雨期に入ると外で遊ぶ機会が減りますが、室内でも楽しく体を動かして元気に過ごしたいと思います。

令和4年6月 すみれ組

 保育参観では、日頃の活動をたくさん褒めていただきありがとうございました。子ども達にとってもうれしい経験となったようで、その後もますます張り切って様々な活動に挑戦する姿が見られています。

 梅雨入りし、すっきりしない天気が続いていますが、子ども達は、園内をお散歩したり、お絵描きや製作、リズム遊びを楽しんだりしながら、室内でも元気に生き生きと過ごしています。子ども同士のおしゃべりもとってもにぎやかになり、見ていてほっこりさせられる日々ですよ。園庭にできた水たまりを見つけて「はやく中に入ってバチャバチャしたい!」と目を輝かせる姿も。泥んこ遊びへの期待も高まっているようです。今月は、梅雨の時期ならではの遊びや発見を思い切り楽しみながら、7月からのプール遊びに不安なくスムーズに移行できるよう関わっていきたいな、と思っています。洗濯等、お世話をおかけするかと思いますが、ご協力よろしくお願いします。

令和4年6月 たんぽぽ組

 先日はお忙しい中、保育参観にご参加いただきありがとうございました。大好きなマット遊びになると、子ども達も山を登ったり、ジャンプしたりして生き生きと遊ぶ姿が見られましたね。保育園で過ごす子ども達のいつもの様子を見ていただけたので、よかったです。これから梅雨で部屋で過ごすことが多くなりますが、大好きなマットやトンネルなどの運動遊びで発散しながら過ごしていきたいと思います。

 最近は友達と関わり合うことが増えてきた子ども達。友達がやっていることを真似して動いたり、一緒に追いかけっこをして楽しんだり。友達と関わる楽しさを感じているようです。中には、ぎゅっとハグしあったり、友達にヨシヨシしたり、とてもかわいい姿も見られていますよ。時には、うまく言葉で伝えられず、思い通りにいかないと手が出てしまうこともありますが、関わり方を伝えながら、友達と遊ぶ楽しさを共有していきたいと思います。

令和4年6月 梅組

 先日は、保育参観にご参加いただきありがとうございました。お家の方とふれあったり絵本を見たりしている子ども達は安心感があり、笑顔いっぱいでしたね。そんな表情を見ることができ、私達も嬉しかったです。最近は、以前にも増して動きが活発になってきました。また、友達や保育士の動きにも興味を持つようになり、じっと見たり真似をしたりしています。保育士が歌うと体を揺らして楽しむ姿も見られるようになってきました。言葉は出ませんが、喃語や表情、態度で思いを表現することも多くなってきたので、それぞれの思いを大切に受け止め、関わりたいと思います。梅雨に入りこれから雨が多くなりますので、室内でもいろいろな物に触れたり、体を動かしたりする機会を持ち、楽しく過ごせるようにしたいと思います。

5月 クラスだより

令和4年5月 松組

GWの連休明け友だちとの久しぶりの再会に話が止まらない子ども達。みんなの前で休みの日の出来事を嬉しそうに発表してくれました。恥ずかしがる子も居ましたが周りの子達が優しく声をかけてくれたり、励ましたりとクラスの温かさを感じました。このままみんなが思いやりの気持ちを持って育って欲しいと思います。

 また先日、夏野菜の苗植えや朝顔の種まきをしました。みんなで話し合いグループを決める中で、友だちとの意見の違いからぶつかることもありましたが、何とか自分たちで話し合い解決しようとしたり、友だちに譲ってくれたりと年長児としての姿を見せてもらいました。そんな姿を大切に子ども達同士の関わりを見守っていきたいと思います。

今では、水やりや観察など生長を楽しみにしている子ども達。芽が伸びたり、花が咲いたりしていると大喜びで報告しに来てくれます。

収穫が楽しみですね。子ども達の色んな気づきに共感しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

令和4年5月 竹組

「見てみてー!自分で回れるようになったよ‼︎」と、得意気に鉄棒の前回りをして見せる子ども達。友達の姿を見て、真似をして意欲的にチャレンジする姿が見られます。まだ、回ることに怖さを感じている子には、「ツバメのポーズからお布団になって、足を曲げてゆっくり回ろうね。大丈夫だよ。」と、側についてそっと手を添え、安心感を持たせながら練習をしています。できた時には、一緒に喜びながら、子ども達のやる気を伸ばしていきたいと思います。園庭に出ると、「鬼ごっこしよう」「ジャンケンポン」「僕が鬼」「待てー!」と、子ども達で集まって、毎日鬼ごっこが始まっています。子ども達の走りが速くなってきたこと、転んでも泣かずにすぐに立ち上がるようになったことなど、遊びの中で成長を感じています。だんだん暑くなってきました。水分補給(おやつの時間に水筒のお茶を補充しています)や休息に気を付けながら、元気に過ごしていきたいと思います。

令和4年5月 桃組

新年度が始まって1か月が経ちました。新しい環境にも慣れて、少しずつ緊張もとれてきた様子の子ども達。元気一杯の笑顔で過ごす時間が増えてきました。生活の流れも徐々に分かってきて、お始まりの前には「シール帳がいるよ」と子どもたち同士で声を掛け合ったり、体操時には自分たちで並び方を覚えて、少しずつ並ぼうとする姿も見られるようになってきました。また、天気の良い日には裸足で園庭に出て思い切り体を動かして遊んでいます。春の戸外は、子ども達にとって魅力がいっぱいです。「さくらんぼがあったよ」と桜の実を集めたり、葉っぱをお金に見立てて集めては「見て!お金持ち」とうれしそうに見せに来てくれる姿も見られます。子ども達の可愛い発想を微笑ましく感じます。一緒に驚きや喜びに共感しながらこの季節を楽しんでいきたいと思います。これから蒸し暑い季節となりますが、水分補給や衣服の調節をしながら健康に留意して、元気に過ごしていきたいと思います。

令和4年5月 すみれ組

先日のこどもの日の集いでは、やねよりーたーかーい♪こいのーぼりー♪と楽しそうに歌ったり踊ったり「よーいどん!」と大喜でかけっこをしたり…元気な姿をたくさん見せてくれました。以上児クラスの真似をして運動場をぐる〜っと一周することができた子ども達。”たくましくなったなぁ〜”と大きな成長を感じました。

みんな新しい環境にもすっかり慣れてくれたようで、保育室には毎日楽しそうな笑い声が響いていますよ。今月からリニューアルした朝の体操にもすぐに興味を持ち「ウッキッキ〜」「飛行機びゅーん」とノリノリで体を動かすことが日課となっています。新しい活動にも積極的な姿が見られ、一人ひとりの面白い!楽しい!がクラス全体に広がっているすみれ組です。

今月は、言葉のやりとりを楽しみながら身の回りのことに挑戦できるよう関わっています。「やってみよう」「できたね」の励ましだけでなく「手伝って〜」と時折甘えたくなる気持にもしっかりと応えながらやる気を育てていきたいと思います。

令和4年5月 たんぽぽ組

 5月から新しい友達が1人加わり、またにぎやかになったたんぽぽ組です。新しい生活にも慣れてきて、朝の牛乳や給食では自分でコップを持ったり、スプーンや手づかみで食べたり、またトイレ前後の衣服の着脱も挑戦したりと、簡単な身の回りのことを自分でやってみようとする姿がよく見られています。4月はコップ飲みや食事で手伝うことが多かったですが、この1か月で1人でできる時が増えてきており、子ども達の成長の早さに驚かされる毎日です。さらには、手伝おうとすると泣いて抵抗されることもあり、自我が芽生えてきているんだなと心の成長も感じています。できたときに、「イェーイ!」とハイタッチに誘うと、子ども達もとびきりの笑顔でタッチ!できた喜びを感じているのが伝わってきますよ。これからもできた達成感を感じられるように関わり、生活の中でさまざまなやる気につなげていけたらいいなと思います。

令和4年5月 梅組

 5月から新しい友だちが増え、5人になった梅組です。連休明けも元気に登園し、園の生活リズムにすっかり慣れ、落ち着いて過ごしています。朝のお始まりでは「先生おはよう~♪」と歌い始めるとじっと保育者の顔を見て興味を示し、名前を呼ぶとニッコリ笑顔が見られます。おやつや給食前後の“いただきます”“ごちそうさま”の挨拶をする時には、保育者の真似をして両手を合わせる子どももいて、この1ヵ月でずいぶん成長を感じます。伝い歩きも上手になり、机やベッド、出入口の柵を支えに立ち上がり、活発に移動しています。視界が広がり、それぞれに喜びや楽しさを感じているようです。子ども達の動きたい気持ちを尊重しながら、怪我のないようしっかりと見守っていきたいと思います。これから家庭や保育園で、いろいろな動きや反応を見せてくれることでしょう。とても楽しみですね。一人ひとりの成長に合わせた関わりを心がけていきたいと思います。

4月 クラスだより

令和4年4月 松組

 新しい友だちを1人迎えて入れ、24名で松組がスタートしました。大好きだった友だちとの別れを惜しむ姿もあり子ども達なりに寂しさを感じているようでしたが、憧れの松組さんということで、意欲的な姿もよく見られています。進級して2週間が経ちましたが、困っている子がいたら手を差し伸べたり、新しい友だちにもすぐに声をかけてくれたりと生活の様々な場面で思いやりの気持ちや優しい一面がよく見られ、このクラスの良さを見つけることができました。これから色んな行事がある中で、子ども達同士で助け合いながら乗り越えて欲しいと思います。時には、意見の食い違いによりトラブルになることもあるかもしれませんが、友だちとの関わりの中で、相手の思いにも目を向けられるようになればと思います。

 保育園生活最後の一年。色んなことに挑戦する中で、成功体験だけでなく失敗する経験も味わいながら、日々の積み重ねの大切さ、諦めないことの大切さを子ども達に伝えていけたらなぁと思います。

令和4年4月 竹組

 園庭の桜やチューリップを見たり、松組さんと一緒に菜の花畑へ散歩に出掛けたり、春の自然を全身で感じながら、戸外遊びを楽しんでいる子ども達です。最近は、園庭の草花やダンゴ虫集めに夢中になり、図鑑と見比べたりしながら、興味を深めています。お昼寝がなくなり、午後からも外遊びを楽しんでいるため、喜んでいる子ども達ですが、疲れが見られる子もいますので、休息の時間をとりながらゆったりと過ごしていきたいと思っています。また、子どもたちが楽しみにしている当番活動では、バッチをつけて、「お手伝いがんばる!!」とやる気満々です。誰かの役に立ちたいと思う子どもたちの優しい気持ちを大切に、褒めて認めていきながら、自信と自己肯定感を育んでいきたいと思います。

 

 これから一年間、子どもたちと一緒に様々な経験をしながら、うれしさや楽しさを共有し、子どもたちの成長を見守っていきたいと思いますので、保護者の皆様のご協力よろしくお願いいたします。

令和4年4月 桃組

 新しい友達2名が加わり、21名で桃組がスタートしました。2階の保育室、体操服、黄色のかばんと新たな環境の中、初めはドキドキした様子で保育室を覗いていた子ども達も次第に慣れ、沢山の笑顔を見せてくれるようになりました。毎日の戸外遊びでは、こいのぼりを見上げながら、「今日も元気に泳いでるね」と嬉しそう。そんな中でこいのぼりに負けないくらいのパワーで元気一杯走り回って遊んでいます。ちょうちょやてんとう虫を見つけたり、ままごと、ジャングルジムなど自分の好きなことを見つけたりと、じっくりと遊び込んでいる子ども達です。これから子ども達とたくさん関わる中で信頼関係を築き笑ったり、時には泣いたりしながら色々な経験をしていきたいと思います。保護者の皆様には色々とご協力をお願いすることがあるかと思いますが、共に子ども達の成長を喜び合いながら、見守っていきたいと思っております。

 1年間よろしくお願い致します。

 

 

令和4年4月 すみれ組

 ちょうちょを見つけて追いかけたり、たんぽぽやチューリップを観察したりと春の季節を満喫しながら毎日楽しそうに外遊びを楽しんでいる子ども達です。進級、入園から約二週間。新しい環境に戸惑って不安そうにしたり涙が見られたりする子もいましたが、その度に友達の頭をヨシヨシと撫でてなぐさめようとしたり、おもちゃを「どーぞ」と差し出したりする優しい姿が見られ、小さいながらに友達に対する思いやりの気持ちがしっかり育っているんだな〜と心があったかくなりました。登園時など気持ちが不安定になることもあるかと思いますが、みんな笑顔いっぱい過ごせていますので安心して送り出してくださいね。

 食事や排泄、言葉の面などで個人差が大きい二歳児。「大丈夫かな?」と心配や不安に感じられた際には、いつでもご相談くださいね。子ども達とも保護者のみなさんとも共に成長を喜び合える一年にしたいと思っています。一年間よろしくお願いします。

令和4年4月 たんぽぽ組

 新たに2人の友達が加わって、9人でたんぽぽ組がスタートしました。環境の変化の不安から始めは泣いて登園する子もいましたが、保育者に抱っこされたり、おもちゃを手に取ると涙も止まり熱中して遊びを楽しんだりしています。新しい部屋にも興味津々で、何でもやってみようとする子ども達。たんぽぽ組のおもちゃを出して回ったり、トコトコ走ってみたり。元気いっぱいな一面も少しずつ見られるようになってきていますよ。

 今月は新しい環境に慣れて楽しく過ごせるように、外遊びを中心に活動しています。子ども達も砂場だけでなく、園庭を散歩したり小さい遊具にチャレンジしたりとのびのび遊びを楽しんでいます。何でも恐れることなくやってみようとする時期なので、怪我に気をつけながら見守り、一緒に遊びを楽しんでいきたいと思います。今年1年できることがどんどん増えていきますが、一緒にできたことを喜び自信を持てるように関わっていきたいと思います。1年間よろしくお願いします。

令和4年4月 梅組

 ポカポカ陽気の中、新年度がスタート!梅組は、2人の新しい友だちを迎えました。「あれは何だろう。」「これ、おもしろそうだな。」と思っているかのような表情で好きな場所へ行ったり、興味がある玩具を触ってみたりして毎日過ごしています。新しい環境の中で泣いている子どももいますが戸外へ出ると落ち着き、砂場に座って砂の感触を楽しんだりあちこちに動き回ったりして、時々ニッコリ笑顔も見られるようになりました。その表情を見ると、少しずつ慣れてきたなと感じます。それぞれに体を動かして遊んだ後の給食の時間では、手を伸ばしたり催促するような声を出したりしています。これからゆったりとした雰囲気の中で、遊びや食事を楽しめるようにしたいと思います。また、たくさんのスキンシップを取りながら一人ひとりの思いに寄り添い、子ども達が安心して過ごせるように関わっていきたいと思います。一年間、どうぞよろしくお願いします。

3月 クラスだより

令和4年3月 松組

保育園での生活も、残りわずかとなりました。嬉しそうにランドセルや机の話をしたり「小学校でどんなことするとやか。」とつぶやく声が聞かれたり…。そんな姿を見ると、一年生になることへの期待が一段と高まってきたなと感じます。前年度に続き今年度も新型コロナウイルスの影響で活動に制限がありましたが、子ども達は伸び伸びと過ごし、日々の生活、いろいろな行事や活動を通して心も体も大きくなりました。特に運動会や生活発表会では、みんなで協力して最後までやり遂げて達成感を味わい、それぞれの自信につながったことでしょう。また、友達との関わりでは仲間意識が高まり、優しく接したり言葉をかけ合ったりする中で、相手の気持ちを考えられるようになりました。小学校でも思いやりの気持ちを忘れず、自信をもっていろいろなことに挑戦して楽しく過ごして欲しいと思います。 

この一年間、保護者の皆さまにはご理解とご協力をいただきありがとうございました。。

令和4年3月 竹組

 今年度も残りわずかとなり、進級への期待に胸をはずませる子ども達の姿に成長を感じる反面、泣いたり笑ったり時にはケンカをしたり…にぎやかさいっぱいだった竹組での生活も終わっちゃうんだな〜と名残惜しさも感じる今日この頃です。「さくらぐみのひろくん」という紙芝居の読み聞かせをした際、「松組さんになるのドキドキする人〜?」と聞いてみると何人もの子が手が挙げていました。憧れの松組になれるうれしい気持ちもちょっぴり不安な気持ちもも″みんな一緒なんだね″と思いが重なった瞬間でした。「もうすぐ松組さん」期待を込めたつもりの言葉が子ども達のプレッシャーにならないよう配慮しつつ、成長を実感できるようや関わりを心がけ、残りの日々も楽しく過ごしていきたいと思います。
 一年間、クラス運営に対するご理解とご協力ありがとうございました。新年度は2名の仲間が転園となりますが、楽しかった思い出を胸にそれぞれの場所でいいスタートがきれることを願っています。

令和4年3月 桃組

 今年度も残りわずかとなりました。この一年を振り返り、一人ひとりが自分のペースで大きく、たくましく育ってくれたことを嬉しく感じています。一年前の4月、ぶかぶかの制服を着て入園式に参加していた姿がとっても懐かしく感じられるほど心も体も成長しましたね。コロナ禍ということで昨年に続き、我慢をさせてしまうこともありましたが、子ども達なりにいろんな楽しみ方を見つけながら友だちと楽しそうに遊んでいる姿から様々な発見があり、子ども達の柔軟な発想に沢山のヒントを貰えました。きっとこれからもいろんなことを吸収して大きく育ってくれることだと思います。

 また、「もうすぐ竹組さん!」と進級に期待を膨らませている子ども達。身のまわりのこと、話の聞き方、食事のマナーなど時には厳しく注意をした時もありましたが子ども達自身で意識ができるようになりました。このまま自信をもって進級して欲しいと思います。一年間保護者の皆様のご理解とご協力を頂きありがとうございました。

令和4年3月 すみれ組

 すみれ組になって、とても頼もしく成長した子ども達。すみれ組になった頃は、朝の準備や衣服の着脱など簡単な身の回りのことを保育者が援助しながら行っていましたが、今では手伝いがなくても自分でどんどんできるようになりました。この1年での「できた!」の積み重ねが、今大きな自信となって初めての活動にも意欲的に取り組む子ども達です。3月からエプロンやおしぼりを使わず食事をしたり、荷物を自分で持ったりしています。「桃組になったらエプロンしないよ。」「桃組になったら荷物は自分で持つよ。」と声をかけると、こぼさないように意識しながら食べたり、頑張って荷物を持とうとする姿が見られ、桃組になることを楽しみにしているんだなと感じます。すみれ組で過ごすのも残り少なくなりましたが、この1年間での成長を子ども達と喜び、自信を持って進級できるように関わっていきます。保護者に皆様には、1年間ご協力いただきありがとうございました。

令和4年3月 たんぽぽ組

 ぽかぽかと暖かい日も増え、少しずつ春らしくなってきました。あっという間に月日は過ぎ、早いものでたんぽぽ組で過ごす最後の月となりました。

 最近は、保育士の話を聞いて上手に行動に移そうとする姿が見られています。「できない~」と悔しがったりしながらも、意欲的に頑張っている子ども達。小さいながらに頑張る姿はとても微笑ましいです。友達との関わりも増えて、一緒に笑い合ったり、時に衝突したりしながら、友達と過ごす喜びを感じています。衝突し葛藤しながらも玩具を譲ってくれたり、他の玩具を探してくれたりする姿もみられ、日々心と体の成長を感じています。きっと素敵なすみれ組のお兄さんお姉さんになるんだろうなと、なんだか頼もしく見えます。今後も残り少ないたんぽぽ組での時間を、大切にしながら毎日を過ごしていきたいと思います。

 

保護者の皆様には一年間沢山のご理解ご協力を頂き、とても感謝しています。本当にありがとうございました。

令和4年3月 梅組

 日中は暖かい日差しが心地よく、子ども達は大好きな砂遊びを楽しんだり戸外で伸び伸びと体を動かし、探索活動を楽しんでいます。

梅組で過ごすのも残りわずかとなりました。初めはあんなに泣いていた子ども達が、この一年で心も体も大きくなり成長した姿を沢山見ることができ嬉しく思います。歌が好きな子ども達。「ひげじいさん」のアンパンマンバージョンがお気に入りで、とても上手にしています。「いとまき」「いっぽんばし」等、手遊びや触れ合い遊びも保育者と一緒に楽しんでいますよ☆

友だちとの関わりでは、身振りや手振り、喃語、単語で自分の気持ちを表現する姿が見られるようになりました。「どうぞ」「かして」「せんせー」等やり取りする姿もあり、友達同士の関わる姿が増え、その関わりの中で思いやりの心も育ちました。出来なかったことが少しずつできるようになり、素敵な個性も出てきた子ども達。そんな一年はあっという間でしたね。成長多き一年を子ども達と一緒に過ごし、保護者の方と見守っていけたことをとても嬉しく思っています。ご協力ありがとうございました。

2月 クラスだより

令和4年2月 松組

まだまだ寒い日が続きますが、毎日子ども達の元気な声が響いています。先日、クラスごとに豆まきをしました。まず、節分について話を聞き、その後はどんな鬼を退治したいか、それぞれの思いをみんなの前で発表しました。自分の思いを伝えるだけではなく友達の発表もよく聞き、それぞれの考えを認め合うようになったなと感じました。これからも“自分の思いを伝える”“友達の話を聞く”という経験を増やして、言葉による伝え合いを楽しめるようにしたいと思います。戸外では、子ども同士でルールを決め、ボール遊びや鬼ごっこ、しっぽ取りなどをして伸び伸びと体を動かして楽しんでいます。竹組の子ども達と一緒に中当てや縄跳びをすることもあり、異年齢児との関わりで思いやりや優しさなどの気持ちが育まれています。

このクラスで過ごす時間もあとわずか…感染症の対策をしっかりと行いながら、一日一日を大切に子ども達と過ごしていきたいと思います。

令和4年2月 竹組

 口を揃えて「鬼が来なくてよかった!」とホッとした表情を浮かべていた節分の日。読み聞かせを通して豆をぶつけられる鬼の気持ちを考えたり、心の中にどんな鬼がいるか話し合ったりしながら例年とは違った雰囲気の中で豆まきを楽しみました。心の中の鬼だけでなく「コロナ鬼」も一生懸命やっつけてくれた子ども達でしたよ。マスクや黙食などの他、密を避けるために小さいクラスとの交流も我慢…の日々ですが、夢中になれる遊びや活動を通して心をしっかりと満たせるよう心がけていきたいと思います。福の神のような優しい気持ちで毎日楽しく過ごせますように!
 ひょっこりと顔を出したチューリップの芽を観察しながら「花が咲いたら松組やんね!」と嬉しそうに話す子ども達。友達と声をかけ合いながらますます張り切って生活する姿が見られていますよ。竹組で過ごす時間もあとわずか。これまで以上に一日一日を大切にしながら子ども達と過ごしていきたいと思います。

令和4年2月 桃組

新型コロナウイルス拡大による休園後、友だちとの久しぶりの再会を喜んでいた子ども達。友だちの顔を見ると安心したかのように笑顔になる子もいました。家庭での保育にご協力頂きありがとうございました。

 休園からして間もなく「節分」で子ども達も鬼が来ないかソワソワしていましたが、節分の由来やどうして豆を投げるのかを話すと子ども達なりに理解して「イヤイヤ言わん!」「お野菜食べる!」などそれぞれに苦手なことや課題に対して向き合おうとする姿があり行事を通して様々な成長に繋がっているなぁーと感じました。

 また、外に出ると子ども達同士で鬼ごっこやだるまさんが転んだなどルールのある遊びを楽しんでいます。以前はスケーターやジャングルジム等が主流でしたが子ども達で誘い合い、一緒に遊ぼうとする姿が見られるようになりました。時々、トラブルが起きることもありますが相手の思いを知るきっかけにもなると思いますので子ども達同士の関わりを温かく見守りたいと思います。

令和4年2月 すみれ組

 休園期間が明けて友達との再会を喜び、ごっこ遊びをしたり、追いかけっこをしたり、友達と一緒に楽しんで遊んでいる子ども達。ままごとでは、「野菜も食べてね!」「買い物行ってきたよ!」「おかえりー!」など子ども達が生活の中で経験しているやりとりも交えながら、友達との仲を深めて遊びを楽しんでいます。

 先日からのりや折り紙を使った活動に取り組みました。初めての活動に子ども達も興味津々!保育者の説明を集中して聞き、話を聞くというところで成長を感じました。のりは「ベタベタ!」「冷たいね!」と感触を感じながら、折り紙は形の変化を楽しみながら取り組み、活動後には「楽しかった!」と話したり、飾った製作を見ながら「これ私の!」「これ僕の!」と喜んで見たりして、作る楽しさや達成感を感じている子ども達でした。すみれ組での活動も残り少ないですが、楽しく活動できるように関わっていこうと思います。

令和4年2月 たんぽぽ組

 暖かい日、寒い日を繰り返しながら一歩一歩、春が近づいています。子どもたちは北風の中でも元気一杯です。自分の好きな遊びを見つけたり、友達を誘いあったりしながら楽しく過ごしています。遊びの中にも変化が見られるようになり、ブロックで上手に形を作ったり、友達と同じものを作ろうと挑戦したりする姿が、見られるようになりました。言葉もスムーズに出るようになった事で、友達との関わりが楽しくて仕方ない様子。休園明けよりテーブルの席も決めたことで、今まであまり関わりが見られなかった子とも、関わる機会が増えて友達関係の広がりや深まりを感じています。

生活の中では少しずつ、もうすぐすみれ組さん!といった意識も出てきた子ども達。身の回りのことも、「お兄ちゃんお姉ちゃんになるからね」と伝えると、いつも以上に意欲的に取り組んでくれています。今後も期待感が持てるように、気持ちを高めながら身の回りの事に挑戦する機会を作っていきたいと思います。

 

 

令和4年2月 梅組

 太陽が顔を覗かせる日には外遊びを楽しみ、子ども達は元気いっぱいです。動きが活発になり、小さい滑り台に登って滑ったり、ゆらゆら揺れる丸太橋を渡ったり、ボール遊びを楽しんだりとそれぞれ好きなものを見つけて遊ぶようになりました。リトルハウスの中や遊具の向こう側から顔を出し、「ばあ♪」といないいないばあをする可愛い声もよく聞こえています。

部屋ではトイレトレーニングも張り切っていますよ。オマルや小さい便器に座ったり、ズボンや紙パンツの着脱も少しずつがんばっています。また、ゆっくりながらも靴を自分で履こう(脱ごう)としたりとやれることがどんどん増えてきて自信につながっています。這い這いや一人歩きが上手になってきた友達も、自分で持って食べたり手づかみ食べに意欲的です。子ども達のやる気を、これからも温かく見守りながら進めていきたいと思いますので、ご家庭でもたくさん褒めてあげてくださいね。

生活の中で色々な知恵がでてきており、「こんなことできるんだ!」と驚かされる毎日です。天候や体調に配慮しながら外遊びを取り入れて楽しい日々を過ごしたいと思います。

1月 クラスだより

令和4年1月 松組

年が明け、元気に登園した子ども達に「今年、頑張りたいことは何?」と尋ねました。すると「鉄棒。」「スイミング。」といろいろな答えが返ってくる中で「文字の練習を頑張る!」「勉強を頑張る!」と言う子ども達も…。それぞれに自分の思いを伝える姿を見ると、一年生になることを楽しみにしているなと感じました。最近戸外では、縄跳びを頑張っています。「しきらん。」と消極的な子ども達もいましたが、励ましたり跳ぶタイミングを知らせたりすることで挑戦し、徐々に「できたよ!」「先生、見よって!」と楽しむようになりました。友達と跳んだ回数を数えあっていることもあります。出来た時の喜びを味わい、何事もあきらめずに“頑張ってみよう”という意欲につながって欲しいと思います。また、文字の練習も始めました。みんな真剣な表情で、集中して書いています。正しい姿勢や鉛筆の持ち方を知らせながら、文字への興味が深まるようにすすめ、就学への意欲も高まるようにしていきたいと思います。

令和4年1月 竹組

寒さが一段と身に染みる季節ですが、子ども達は白い息を吐きながら元気に走り回っています。最近では、縄跳びや長縄の遊びに興味を持ち、何度も挑戦する子が増えてきました。子ども同士で応援し合ったり教え合ったり「やった!」「できた!」と喜び合ったりする姿も見られていますよ。友達の頑張りや成功を自分のことのように共感できる心、とってもステキですね。これからも大切にしていきたい姿だと感じました。松組への進級を見据え、遊びや生活のなかで少しずつ平仮名へ触れる機会を増やし、自然と読み書きへの興味が膨らむよう関わっています。カルタを使って文字合わせゲームを楽しんだり、自分の名前を書いてみたりする姿が見られていますよ。そして早くも「もうすぐ鬼が来る」とあちこちで節分の話題が聞かれるようになりました。「怖いけん保育園お休みする!」なんて声も耳にしますが、心を強くする経験のひとつとなるよう前向きな気持ちで関わっていきたいと思います。

令和4年1月 桃組

「あけましておめでとうおめでとうございます!」子ども達の元気な挨拶が響き渡り、新年がスタートしました。年末や正月にあった出来事を一生懸命に話す子ども達。中には、みんなの前で発表したりと早速成長した姿を見せてくれました。家族で楽しい時間を過ごされたようで大満足の子ども達でしたよ。

子ども達は進級に向けての期待が膨らんでいるようで話の聞き方や椅子の座り方を意識したり、朝の挨拶や返事なども頑張ろうとする姿がひしひしと伝わってきます。また、最近では自らトイレのスリッパを並べてくれたり、保育士の手伝いを積極的にしてくれたりと様々な場面で松組、竹組の子ども達の姿を見て真似しているんだなぁ〜と思うことが増えてきました。これからも沢山吸収して大きく育って欲しいと思います。そして4月からは年下の子に優しく接してくれることを期待しています。

残り3ヶ月、進級を見据えながらも毎日楽しく過ごしていきたいと思います。

令和4年1月 すみれ組

 友達との関わりも深まり、子ども達同士で話を楽しむ姿が見られるようになってきました。今までは保育者とのやりとりが多かったのですが、最近は友達と「〇〇したよ!」「私もしたよ!」など会話をしてやりとりの広がりを感じています。また会話だけでなく、貸し借りも保育者が介入することなく言葉でできる時があり、ブランコや玩具で無理に取りに行くのではなく、「貸ーしーてー!」と友達に伝え、「いーいーよー!」と言われてから使うことができるようになっています。その中でもうまくいかずトラブルになることがありますが、丁寧に両者の思いを伝えながら関わっています。友達と一緒に過ごす楽しさを感じているので、その思いを大切にしながら過ごしていきたいと思います。今月末には保育参観を予定しています。園生活を楽しむ子ども達の姿や成長した姿を見ていただけたらと思います。よろしくお願いします。

令和4年1月 たんぽぽ組

 年末年始の休みが明けて、大好きな友達に会うと、とてもうれしそうな表情を見せてくれた子ども達。友達との関わりを喜び、簡単な言葉のやり取りを楽しみながら遊ぶ姿に成長を感じています。まだまだ、物の取り合いや自己主張でトラブルも多い子ども達ですが、それぞれの気持ちを受け止めながら代弁し、相手に言葉で伝えることも促しています。少しずつですが、「どうぞ」と貸してくれる姿も見られるようになり、優しい気持ちが育っていることをうれしく思います。自分で出来ることも増えてきて、友達と色んな事に挑戦しています。少し難しいこともやり方を伝えながら挑戦!小さな成長も見逃さず、共に喜びあいながら自信や次への意欲に繋げていきたいと思います。

 

 これからはすみれ組に進級することを意識しながら一日一日を大切に、楽しく充実した日々を送れるように努めたいと思います。子どもたちが健康にすごし、笑顔溢れる一年となりますように。今年も宜しくお願い致します。

令和4年1月 梅組

新しい年が明けて、もう半月が過ぎました。どうしても感染症が流行るこの時期、お休みの友だちもいてなかなか全員の元気な笑顔が揃いません。みんなが元気に登園してくれることを願いつつ、体調管理に十分注意していきたいと思います。

 

最近はお友だちのやっている遊びと同じことをすぐ側でやってみる、そんな姿がよく見られます。また、気になる場所を見つけて入り込んだり、手を繋いだり抱きついたりする姿も見られとても可愛らしいです。その反面、おもちゃの取り合いも増えてきました。どちらかが手を離すまで取り合い、勝つためにおもちゃを引っ張る子、大きな声で主張する子など色々手段を考えています。こうやって関わり方を少しずつ身につけていくのですね。すぐ止めるだけでなく、子ども達の思いをしっかり受け止め対応していきたいと思います。

 

甘える子、動きたい子それぞれの思いを認めることを大切にし、触れ合い遊びを通して心を通わせ、安心して過ごせるように配慮していきたいと思います。

12月 クラスだより

令和3年12月 松組

 いよいよ保育園最後の発表会!毎日、意欲的に練習をしています。言語劇は『北風と太陽』をします。始めは恥ずかしさがありましたが、練習を重ねるうちに台詞のやりを楽しむようになり、時々忘れてしまった友達がいると「○○よ。」と教え合うようにもなりました。動きをつける時には「こんなふうに動いたら?」と提案してくることもあり、それぞれにイメージを膨らませています。踊りも昨年の松組の子ども達に負けないようにと何回も練習し、だんだん力強く踊るようになり気合い十分です。器楽演奏曲目は『さくら』です。それぞれの楽器を一生懸命に練習しましたが、いざ他の楽器と合わせようとするとなかなか合わず…みんなで頑張ろうと話して練習を続けると徐々に合うようになり、子ども達も嬉しそうです。毎日の練習を通して、表現することを楽しみ自信を持つと同時に、できた時の達成感を味わっていると思います。本番に向けて、ご家庭でも励ましの言葉をお願いします。

令和3年12月 竹組

「はやく日曜日にならないかな〜」とワクワク顔の子ども達。今年は松組と一緒に第三部に出演します。まずはピアニカ奏。コロナウィルスの感染拡大により約一ヶ月半ほどの短期間での練習となりましたが、ぎこちない指先を動かしながら根気よく練習に取り組んでくれました。当日は子ども達の演奏を聞きながら少し早めのクリスマス気分を味わっていただければ、と思っています。舞踊劇「きんのがちょう」では、CDの台詞や歌に合わせながらそれぞれの役を演じます。普段から楽しんでいる”じゃんけん列車″の雰囲気を劇の中に取り込んでみました。練習ではアドリブや笑いを交えながら役になりきっていた子ども達。ステージの上でも友達と一緒にのびのびと楽しく表現してくれることでしょう。そしてフィナーレ「ありがとうの花」では、歌声とともにいつも側で見守ってくれているご家族のみなさんへ感謝の気持ちを届けます。発表会という経験が子ども達の大きな自信へとつながりますように!

 

令和3年12月 桃組

先日のリハーサルも無事に終え、子ども達の期待も膨らんでいるようです。「間違えてもいいから、最後まで頑張ること。」を目標に子ども達と日々練習に取り組んできました。

楽器遊びでは「赤鼻のトナカイ」を四種類の楽器で演奏します。初めは好き勝手に音を鳴らしていた子ども達ですが、練習を重ねる度に段々と上達し練習に取り組む表情も変わってきました。一人ひとりの真剣な表情にご注目ください。

ダンスでは、「サンタさんへのおてがみ」・「素敵な日曜日~GyuGyu グッディ!~」を踊ります。二曲とも楽しい曲となっていて元気いっぱいの桃組の子ども達を象徴してくれるだろうと思い選曲しました。練習を始めた当初からすぐにノリノリの子ども達。楽しいがあまりふざけて注意したこともありましたが今では、メリハリをもって練習に取り組めるようになりました。本番でも、お家の方に沢山の笑顔を届けて欲しいと思います。応援・励ましの言葉よろしくお願いします。

令和3年12月 すみれ組

「何のお話がいい?」と聞くと毎回「おおかみー!」「こぶたー!」と言うほど、3びきのこぶたの話が大好きな子ども達。今年はその大好きな3びきのこぶたで劇遊びに出演します。劇の中では短いセリフに挑戦していますよ。練習を始めたときは、恥ずかしそうにしていましたが、毎日友達と一緒に練習を重ねるうちに少しずつ大きな声でセリフが言えるようになってきました。また、劇の中ではやけどしたおおかみをみんなで「大丈夫?」と心配する場面があるのですが、いつも友達が泣いていると心配してくれる優しい子ども達の日頃の姿を見ていただけたらと思います。さらに、劇中にはこぶたやおおかみになりきって踊るかわいいダンスもあり、見所は盛り沢山です。当日はいつもと違う場所で緊張もいっぱいだと思いますが、精一杯みんなで頑張りたいと思いますので、温かい声援をよろしくお願いします。

令和3年12月 たんぽぽ組

 

 「“ひゃっほい”する!」とジャンプしながら、うれしそうにCDの方を指さして教えてくれる子ども達。たんぽぽ組はお返事「ハイ!」と、「ひゃっほいサンタさん」の踊りを披露します。このサンタさんの曲が大好きだったようで、すぐに歌も踊りも覚えてくれました。初めは「線の上で踊るよ」と伝えても、興奮してどんどん前に出てきていましたが、繰り返す中で少しずつ線の上で踊ることが出来るようになりました。一番大好きなところは、「ひゃっほいひゃっほいサンタさん」とジャンプするところ。友達と楽しそうに顔を見合わせて笑い合う姿がとっても可愛いです。

 

2階での練習も始まり、お客さんを前にした練習にも少しずつ慣れてきて、張り切って参加してくれている子ども達。本番は慣れない場所、大きなステージ、さらに沢山のお客さんにドキドキしてしまうかもしれません。それでも泣いたり笑ったりしながら、友達と一緒に頑張る子ども達に、温かい拍手をお願い致します。

 

 

 

令和3年12月 梅組

 

毎日「フルフル・フルーツ」を踊っている梅組の子ども達。音楽が流れ始めると体を揺らしたり、その場でクルクルと回ったりしてリズムに乗ったり、座り込んで動かなかったり、じーっと立ったままだったり、その時の気分で違いはあるものの、曲に慣れ親しんでいる様子が見られます。

 

go-go♪」とグーにした手をあげる振りや両手でほっぺを押さえる「ん~♡」のポーズは何とも言えない可愛さですよ。

 

また、「お返事はーい」をします。日々の朝のお始まりの時は、名前を呼ばれると「はーい」と返事をし、手をあげたりしてくれますが、いざマイクを向けられると「…。」と固まってしまったりマイクに口を開けて近づいてきたり、不思議そうな表情をしています。子どもならではの姿に思わず笑みがこぼれます。本番では、どんな表情を見せてくれるかな?ワクワクドキドキの子ども達の姿を温かくみて目て頂けたらと思います。

 

当日は、初舞台となる会場の雰囲気に小さい体で大きな不安を感じることでしょう。色々な表情があふれると思いますが、子ども達の精一杯表現する姿を応援してくださいね。

11月 クラスだより

令和3年11月 松組

子ども達が楽しみにしていたみかん狩りにさつま芋掘り!好奇心にあふれた子ども達の表情はとても生き生きとしていました。日常ではできないこの貴重な経験を通して、自分で収穫することの楽しさや満足感を味わい、秋の自然の中でそれぞれに楽しい時間を過ごすことができました。残念ながら石丸山公園への遠足には行けませんでしたが、園内遠足として他のクラスへ行ったり、ゲームやデカパン競争をしたりしてにぎやかに過ごしました。小さい子ども達ともたくさん関わり、優しく接する姿が見られました。生活発表会へ向けての練習もしています。踊りでは「どっこいしょ、どっこいしょ!」と歌うと同時に、「足が痛い~。」と言う子どももいましたが、だんだん慣れて「楽しい!」「もう一回しよう!」と言うようになり、今ではみんな元気いっぱいに体を動かしています。体調に気をつけ、本番に向けてみんなで楽しみながら力を合わせて頑張りたいと思います。

令和3年11月 竹組

風の冷たさを感じる日も多くなりましたが、子ども達は園庭で陣取りゲームをしたり、友達とかけっこやリレーをしたりしながら楽しく体を動かして遊んでいます。園外に出かけた際には、どんぐりや落ち葉を夢中で拾う姿や秋の自然の面白さをたくさん発見する様子も見られました。また、松組のさつまいも掘り見学でも土の中から掘り出されるいろんな大きさや形のさつまいもに大興奮の子ども達でしたよ。収穫のお世話をしてくださっている地域の方から「みんなが松組になったらジャガイモと人参、玉ねぎ掘りをするよ。楽しみにしててね。」とうれしい報告もうけ″次は自分達の番だ!″とわくわくいっぱいの帰り道でした。あっという間に過ぎ去ったように感じた秋の季節ですが、子ども達はしっかりと満喫できたようです。発表会へ向けての練習も少しずつ進めています。劇の配役決めをすると早速役になりきって遊ぶ子もいましたよ。子どもの発想や思いを大切にしながら楽しく取り組んでいきたいと思います。

令和3年11月 桃組

日中のぽかぽかとしたお日さまが温かく感じられる程、朝晩の冷え込みに晩秋の気配が深まる頃となりましたが、寒さを吹き飛ばすかのように元気いっぱいの子ども達です。先月から取り組んでいる当番活動では、毎朝「今日は誰かな?」と当番カードをチェックし「◯◯君お当番よ!頑張ってね!」と子ども達同士で声を掛け合ってくれています。当番活動を通して、人前でも恥ずかしがらずに自己紹介や給食前後の挨拶ができるようになったり、身の回りのことを丁寧にするようになったり、など1人ひとりの成長を感じています。この経験が色んな事に挑戦しようとする気持ちに繋がるようみんなの頑張りを沢山褒めていきたいと思います。ご家庭でもきっと活躍してくれると思いますので是非、お手伝いを頼まれてみて下さいね。

発表会の練習も少しずつ始めました。練習続きの毎日ですが、適度に息抜きをしながらメリハリをもって取り組みたいと思います。

令和3年11月 すみれ組

 日中肌寒い日も出てきましたが、子ども達はジャングルジムで遊んだり、スケーターや三輪車など新しい玩具に挑戦したりして毎日元気いっぱい外遊びを楽しんでいます。箸を使って給食を食べるようになり、1か月が経ちました。始めは「できん。」「スプーンに替える。」と弱気な言葉が聞かれていましたが、最近では「こうやって持つとよ!」と友達と持ち方を伝え合ったり、「つかめたよ!」とできたことを得意気に見せたりする姿が見られていますよ。さらに箸で完食する子もいて、「箸で全部食べた!」と嬉しそうに保育者に報告して、箸を使って食べることに意欲的になっている子ども達です。園では無理をせず一人ひとりのペースに合わせて、一緒に持って持ち方を確認したり、頑張っている時に励ましながら関わっています。引き続き家庭でも箸の使い方の確認や練習をよろしくお願いします。

 これからますます寒くなるので、体調の変化に気をつけながら過ごしていきたいと思います。

令和3年11月 たんぽぽ組

 

  朝晩が寒くなり秋を感じる季節になりました。元気一杯の子ども達ですが、寒暖差により鼻水や咳が出ている子が増えてきています。健康に気を付けて過ごしていきたいと思います。

 

 少しずつ自分で出来ることが増え、積極的に身の回りのことに挑戦しようとする姿が、見られるようになってきました。生活の流れも分かってきて、毎朝のお始まりのあと「シール帳を片付けて、帽子を持ってくる」事が上手に出来るようになりました。少しずつ友達の真似をして帽子を被る練習をしている子もいます。一人ひとりの頑張る姿や、やってみようとする気持ちを認め、見守ったり励ましたり、必要な時にはさりげなく援助をしながら関わっていきたいと思います。

 

最近は、来月の発表会に向けて練習を行っています。ノリノリで元気一杯、笑顔一杯の子ども達。1曲踊った後は必ず「もう一回する!」とやる気満々に参加してくれています。今後も無理なく、楽しみながら取り入れていきたいと思います。

 

令和3年11月 梅組

   秋も深まり朝夕は冷え込む季節となりました。子ども達は元気いっぱい体を動かして遊んでいますよ。

 花壇に咲いていたコスモスの花びらや小枝、小石を拾ったり、スコップですくった砂をカップに入れたりする遊び方も多く見られます。先日、チャック付きの袋の上から絵の具の感触遊びを楽しみました。指先や手のひらで押したり、踏んでみたりして楽しむことができましたよ。物で床や机を叩いては、反射する音を楽しんだりと、遊び方もこの時期ならではの様子が見られ、特に友だち同士の関わりに成長が感じられます。友だちがしていることを真似たり、一緒に同じことをすることを喜んでいますよ。楽しい関わりが増える一方で、トラブルも増加中で、おもちゃの取り合い、場所の取り合い、保育士の取り合いになっています。トラブルになっても折り合う力の基礎作りとなるようこの大事な経験を、子どもの気持ちを考えて仲立ちしていきたいと思います。

 

10月 クラスだより

令和3年10月 松組

 10月になっても暑い日が続きますが、毎日園庭で元気いっぱいに遊んでいます。先日の運動会では精一杯自分の力を出し、それぞれに楽しみながら最後まで頑張りました。友達と競争したり、協力して一つの目標を達成したりしたことは貴重な経験で、子ども達の自信につながったと思います。保護者の方の応援、ご協力ありがとうございました。

 今まで以上に体を動かすことを楽しむ子ども達。気が合う友達と誘い合いながらキックボードやホッピング、三輪車など好きな遊びを選んで楽しんでいます。友達と一緒に遊ぶ中で意見が合わずにケンカをしてしまうこともありますが、自分の思いを伝えること、相手の気持ちを考えることなどを話すと、自分達で解決するようになりました。保育園での生活も残り半年。就学を意識して活動を進める中で、いろいろな場面で話し合う機会を作って、意見を出したり聞いたりすることができるようにしていきたいと思います。

令和3年10月 竹組

登園後、体操服への着替えを済ませると笑顔で外に飛び出し、遊具で遊んだり友達と一緒に走り回ったりと元気いっぱいの子ども達です。鉄棒や登り棒など今まで出来なかったことに挑戦する姿も見られ「先生見よってー!」の声があちこちで響く毎日。運動会へ向けた取り組みが、体だけでなく、チャレンジ精神や自信など心もぐんと成長させてくれたんだな〜と感じています。運動会成功の影にはご家庭でのあたたかい励ましがたくさんあったことと思います。子ども達の頑張る気持ちを後押ししてくださってありがとうございました。竹組での生活も残り半年となりましたが、後半も一人ひとりの挑戦をあたたかくサポートできるよう心がけていきたいと思います。写真は「だるまさんがころんだ」をして遊んでいる様子です。松組のマネをしているうちに竹組で大流行となりました。体調を崩しやすい時期になりますが、子ども達が秋の自然のなかで元気に活動できるよう関わっていきたいと思います。

令和3年10月 桃組

いつの間にか、季節はすっかり秋模様となってきました。先日行われた運動会では、練習の成果を十分に発揮し、生き生きとした子ども達の姿を見ることが出来ました。ダンスもかけっこも自信に満ち溢れていた子ども達の姿や表情から成長を感じて頂けたのではないかと思います。運動会を通してついた自信を、子ども達それぞれの今後の目標へと繋げていけたらなぁと思います。ご声援ありがとうございました。

 

 運動会後の取り組みとして、制服の着替え、当番活動、大型遊具(ジャングルジム)に挑戦しています。以前は慣れないことに対して消極的な子ども達でしたが、今回は弱音を吐く子は一人としておらず、「自分でする!」と目をキラキラさせながら意欲的に取り組んでいます。まだまだ、自分でするには、難しい面もありますが、頑張ろうとする姿を大切にしながら「できた!!」という経験を積み重ねて欲しいと思います。ご家庭でも子ども達の自分でしようとする姿を見守ってあげて下さいね。

令和3年10月 すみれ組

運動会が終わった後も、外に行くと大玉転がしやかけっこ、部屋では踊りと運動会の余韻を存分に楽しんでいる子ども達です。先日の運動会では去年と違い、保護者の方と離れての参加となり不安な気持ちもある中、直前まで涙を流していた子もグッと涙をこらえて、堂々と踊ったり、元気いっぱい走ったりとたくましく成長した姿を見せてくれました。これもご家庭で励ましていただいたり、温かい声援を送ってくださったからだと思います。ありがとうございました。この経験が自信になったようで、外遊びでは小さいジャングルジムや太鼓橋など、今までとは違う遊びに挑戦するようになりました。始めは「できん」とちょっと怖そうにしていますが、「大丈夫!先生支えとくよ!」と励ますと挑戦し、できると楽しくなって何回も遊ぶ姿が見られていますよ。運動会で得た自信が挑戦する気持ちに繋がっていくのだなと感じさせられました。これからも子ども達が自信を持って生活できるように関わっていきたいと思います。

令和3年10月 たんぽぽ組

 

先日の運動会では、戸惑ったり緊張した様子も見られましたが、おうちの方と手を繋いだりハグしてもらったりする中で、練習以上の笑顔が見られ、私たちもうれしくなりました。ご参加頂きありがとうございました。

 

 朝晩と涼しくなり、過ごしやすい季節になりました。子ども達は元気一杯!色々なものに興味を示して、滑り台や押し車、ボールと思う存分走り回って遊んでいます。自由に遊ぶ中でも、やはり友達と一緒がうれしい様子の子ども達。友達の遊びに興味を持ち、自然と数名が集まって遊ぶ姿が多く見られるようになりました。真似をしたくて、同じ玩具を欲しがる姿も見られています。それぞれの思いを受け止めながら、少しずつ「かして」といえるように練習をしているところです。貸し借りが難しいこともありますが、折り合いがつくように仲立ちして関わっていきたいと思います。

 

 今月はのびのびと戸外で遊んだり、天気の良い日には散歩に行ったりしながら秋を満喫したいと思います。

 

令和3年10月 梅組

運動会ではたくさんの温かい声かけとご協力をありがとうございました。いつもとは違う雰囲気に、ちょっぴり戸惑ったり泣いてしまう子もいましたが、そんな時はお家の方にギューッとつかまって不安な気持ちを乗り越えてくれました。そしてかけっこでは、ママと一緒に一歩一歩と進んでいく、可愛いながらもたくましい姿も見せてくれました。『ピヨ♪ピヨ♪ピヨマーチ~♪』の曲に合わせて見つめ合いながら立っている姿♪とてもかわいかったですね。運動会で子ども達の普段の姿が見られたことで、成長や感動を保護者の方と共に喜び合うことができました。

 

天気の良い日が続き子ども達は裸足で戸外遊びを楽しんでいます。砂場のデコボコや段差など、少し歩きにくい場所を繰り返し歩こうとする姿を傍らで見守り、出来たことを一緒に喜んだり応援したりして、バランスをとって歩く楽しさを味わえるようにしています。また10月に3人の新しい友達が仲間入り♪ますます賑やかになりそうです。

 

心地よい季節。体調に留意しながら戸外でたくさん遊んだり、散歩に出かけて新しい発見をしたりして、友だちと楽しい経験を増やしていきたいと思います。

 

 

令和3年9月 松組

 運動会が近づき、子ども達の表情がだんだん引き締まってきました。鼓隊は、他の楽器と合わせた時の楽しさを感じ、今では“友達と合わせよう”と意識して取り組んでいます。時々リズムがずれてしまうことがありますが、みんなで頑張ろうと気持ちをひとつにして練習を続けています。ダンスは、音楽に合わせて力強い動き、ゆったりとした動きを表現します。室内での練習の時に友達とダンスを見せ合うと、お互いに刺激を受けて“自分も頑張ろう”とする姿も見られました。園庭では自分の立ち位置を意識し、伸び伸びと踊っています。かけっこや紅白競技になると、競争心と共に友達を応援する気持ちも出てきて、目的に向かって協力する中で嬉しい気持ちや悔しい気持ちを分かち合っています。当日は精一杯自分の力を出して、友達や家族の方と一緒に保育園最後の運動会を楽しんで欲しいと思います。ご家庭でも励ましの言葉、応援をよろしくお願い致します。

令和3年9月 竹組

竹組はかけっこ・大玉転がし・鼓隊・ダンスの4つの競技(演目)に出場予定です。初挑戦の鼓隊では松組の演奏に合わせてバルーンの演技を披露します。友達と力を合わせる楽しさを感じながら練習を頑張っている子ども達。本番でも心をひとつにしバルーンを大きく膨らませることができるかな!?どうぞ、お楽しみに。ダンス曲の「ええじゃないか」は元気でやんちゃな竹組の子ども達にピッタリだなぁ〜と思って選びました。室内では他のクラスの友達も巻き込んでワイワイ踊っていましたが、いざ外練習が始まるとあちこちに引かれた白線迷路でどっちへ行けばいいのか迷子になってしまうこともしばしば…。しかし諦めず何度も何度も練習を重ねました。子ども達の頑張りと成長が詰まった一曲です。かけっこや大玉転がしの練習でも友達を応援し大盛り上がり!当日もハツラツとした姿を見せてくれることでしょう。ステキな思い出に残る運動会になりますように。

令和3年9月 桃組

「ニコニコで頑張ろうね!」と毎日声をかけ、練習に励んでいる桃組の子ども達。今年は、「スマイル」のダンスとかけっこに出場します。初めて子ども達の前で「スマイル」の曲を流した時、体が自然と揺れたり、一緒に口ずさんだりする子ども達の姿からこの曲に決めました。振り付けは、子ども達と一緒に考えながら「これにする?」「こうも可愛いよ。」など色んな意見を出し合いながら楽しく練習を進めてきました。練習を重ねていく度に、自信がついてきた子ども達。今では120%の元気いっぱいな姿で楽しく踊っています。ただ、恥ずかしがりやな子も多いため、本番は緊張してしまうかもしれません。お家の方からの応援は何よりの励みになると思いますので本番当日は、「頑張っておいで。」と背中を押してあげて下さいね。曲名のように子ども達の「笑顔」を沢山お届けできたらなぁ~と思います。

 かけっこでは、園庭を一周走ります。最後まで走りぬく姿に声援と拍手をお願いします。運動会を通して成長した姿を感じていただけたらと思います。

令和3年9月 すみれ組

 年長・年中児の踊りや鼓隊の音楽が聞こえてくると、興味津々で見たり、真似をしたりと運動会の雰囲気を楽しみながら、みんなで練習に取り組んでいます。今年度のすみれ組は、音遊「トムとジェリー」とかけっこに挑戦します!トムとジェリーでは、毎日の練習を重ねて、手を大きく広げたり、勢いよくジャンプしたり自信を持って踊っている子ども達。特に子ども達が大好きなのは、お尻フリフリのところです!フリフリが楽しいようで、満面の笑みでお尻をいっぱい揺らして踊っていますよ!すみれ組の子ども達がかわいく変身したトムとジェリーの姿をぜひご覧ください。かけっこでは、ゴールで待つ保護者に向かって全力で走ります。走ることも上手になって、成長した子ども達。練習では、転んでも泣かずに最後まで一生懸命走る姿も見られました。運動会当日は、いつもと違う雰囲気で緊張する子ども達も多いと思いますが、温かい声援をよろしくお願いします。

令和3年9月 たんぽぽ組

 

運動会に向けて、毎日楽しく練習を行っています。たんぽぽ組は親子かけっこと親子ダンスに参加をします。かけっこでは、合図に合わせて上手にスタート!自分のペースで笑顔を振りまきながら、元気に走っています。ダンスは「ピヨマーチ」という曲に合わせて踊ります。初めは興味を示さなかった子も、保育士と手を繋ぎながら練習を重ね、楽しんで参加してくれるようになりました。今では、保育士だけではなく色んな友達と手を繋いだり、ハグしたりしながら、積極的に楽しんでくれています。「おーいおーい!おいで」と呼びかける子ども達の姿がとっても可愛いですよ♪

 

本番では大好きな保護者の方と一緒に、手を繋いだりハグしてもらったりと、どんな表情を見せてくれるか楽しみです。当日は、沢山のお客さんやいつもと違う雰囲気に、驚いたり甘えたりする事もあるかもしれませんが、親子の触れ合いを楽しみながらそれぞれの成長を感じて頂ければと思います。

 

令和3年9月 梅組

 

『ピヨ♪ピヨ♪ピヨマーチ~♪』の曲に合わせて親子で踊ります。練習では、音楽が流れ始めると体をゆらゆらしてリズムを楽しんだり、気分が乗らない日は座り込んで、元気に踊るたんぽぽ組の友達の様子を見たり、日によって違いはあるものの、どの子も曲に慣れ親しんでいる様子が見られます。

 

梅組の子ども達の出番は、かけっこと音遊です。家の方と一緒に入場し、まずはかけっこ♪ゴールテープまで、手をつないで歩いたり、抱っこをしてもらい笑顔を見せてくれるかな?続けて円になって音遊です。リズムに合わせて体をゆらゆらしたり、ジャンプ!途中にギュ~っとしてもらうところが見どころです。ひよこになった子ども達が、親子で触れ合いを楽しみながら笑顔を見せてくれるのを楽しみにしています。

 

当日は初めての雰囲気に、練習では感じない不安やドキドキを感じることでしょう。安心を求めて抱っこの時間も多いかもしれませんが、親子で楽しく参加してもらいたいと思います。温かい拍手よろしくお願いします。

 

8月 クラスだより

令和3年8月 松組

 暑い日が続きますが、毎日元気いっぱい過ごしています。8月に入り、町のALTのアンドリュー先生が来られ、交流をしました。始めは緊張気味の表情をしていましたが、すぐに打ち解けて発音の真似をしたり、体でアルファベットを表現したりして楽しみました。英語で言われた色を探すゲームでは、一人ひとりとのやり取りがあり「もう一回したい!」と言う子どもも多く、貴重な時間となりました。帰りにはテラスまで行って「Good-by」とお見送り。それぞれの心に残る経験となり、また来られる日を心待ちにしています。先日、朝顔の花を使って色水遊びをしました。ペットボトルをみんなで振るごとに変わっていく色水に大興奮の子ども達。今回は青や紫色の花だったので似た色になりましたが、ちょっとした色の違いに気づいたり、「ピンクも見たい。」「白はどうなるかな?」と話したりしていました。子ども達のそれぞれの気づき、好奇心を大切にしたいなと思いました。

令和3年8月 竹組

 猛暑日が続いたかと思いきや、連日の大雨…夏特有の天候に心も体もダウンしがちですが、子ども達は毎日ワクワクいっぱいの様子です。窓の外の様子を何度も見に行き「うわっ、砂場がプールみたいになっとる」「水たまりだらけやん!」と大騒ぎだった、とある雨の日。会話に耳を傾けていると「川の近くに行ったらダメよ」「赤ちゃん達が竹組に逃げてきたら助けてやらやん」などという声が聞かれ、日頃の訓練がしっかりと身についていることを感じました。

 プール遊びを始めて一ヶ月半。一人ひとりがそれぞれの目標をもち、挑戦する姿が見られています。「やってごらん?」と大人が言わずとも友達の姿に刺激を受け、自ら進んで顔つけやバタ足泳ぎ、輪くぐりなどに挑戦し「やったね!できたね!」と喜び合う姿…いい関係性です。プール遊びに限らず、運動会の練習やあらゆる活動においても友達との育ち合いの場面を大切にしながら、やる気や自信を高めていけたら…と思います。

令和3年8月 桃組

 真夏の暑さに負けることなく、朝からニッコニコの笑顔で登園し元気いっぱいに遊んでいる子ども達です。この夏、プール遊びを通して水にも慣れ毎日楽しんでいることはもちろんですが、プール遊び時の約束事で、しても良いこと、悪いことを考えて行動できるようになったり、着替えの上達に加え、着ていた洋服を丁寧に畳んだりと様々な面で成長した姿が見られるようになりました。子ども達の自分で頑張ろうとする気持ちに寄り添い、しっかりと見守っていきたいと思います。

また、運動会に向けての練習も少しずつスタートしました。歌ったり、踊ったりが大好きな桃組の子ども達。すぐに親しんで楽しんでくれています。運動会では元気いっぱいの笑顔をみせてくれることだと思います。楽しみにしていてくださいね。

まだまだ、暑い日が続きそうですが残りの夏も、沢山遊んで、いっぱい食べて、そしてしっかりと休息をとりながら、元気に過ごしていきたいと思います。

令和3年8月 すみれ組

 プール遊びが大好きな子ども達で、水鉄砲の歌がとてもお気に入りです♪「水鉄砲の歌歌おうか!」と提案すると、「先生にかける!」「バイキンマンにかける!」とやる気満々の子ども達。「しゅっしゅっしゅー!」のリズムに合わせて、いっぱいかける真似をして盛り上がっています。ご家庭でもぜひ一緒にやってみてくださいね。プール遊びの他にも、色水遊びを楽しんでいます。ペットボトルを振ると、色のついた水ができていく姿に子ども達も興味津々!「うわぁ、すごい!!」「◯色になった!」と大喜びでした。そして、できた色水をジュースに見立ててみんなで「乾杯!」「おいしいね!」「甘いね!」と笑顔で飲む真似をする子ども達がとてもかわいらしかったです。残り少なくなりましたが、夏ならではの遊びを楽しんでいきたいと思います。

 先月の終わりから、体調を崩す子が増えています。これから運動会の練習も始まるので、休息を十分に取り入れながら、体調管理に気をつけてみんなで元気いっぱい過ごしていきたいと思います。

令和3年8月 たんぽぽ組

 

7月下旬より体調を崩す子が多く心配しましたが、元気な笑顔が戻ってきました!「プールするよ~!」と声をかけると、待ちきれない様子で保育士のもとに走ってきたり、自分でズボンを脱ごうとしたりする姿が見られています。着替えようとするだけで泣いていた子ども達も随分慣れてきて、泣かずに準備が出来るようになりました。水とのふれあいも、よりダイナミックになり、1か月の成長を感じています。プール遊びも残り少ないですが、思いっきり楽しみたいと思います。

 

最近は少しずつおしゃべりを楽しむ姿が増えてきました。保育士の言葉や挨拶を真似したり、絵本や手遊びの繰り返しの部分を言ってみたり…まだ、はっきり言えない子も、友達と楽しそうに声を出す姿が見られます。今後も発語に繋がるように言葉のやり取りを楽しみながら関わっていきたいと思います。

 

夏の疲れも出やすい時期なので、体調管理には十分気を付けて、元気に過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

令和3年8月 梅組

 

7月末に新しい友達も増えました。毎日、暑い日が続いていますが、梅組の7人の子ども達は、そんな暑さに負けず楽しい水遊びに夢中です。水遊びを始めた頃は、プールの回りで遊ぶ方が多かった子ども達が、今では乳児用プールに入って水の冷たさを味わいながら、気持ちよさそうに遊んでいます。水から上がるときには“まだ遊びたい”と言わんばかりにイヤイヤしている子もいるんですよ。

 

絵本を読み始めるとジーッと見て注目しています。指さして声を出して知らせたり、お気に入りの「だるまさんが」では、一緒にからだをゆらゆら♪楽しんでいます。また、「お手て洗いに行くよ」「お茶飲もうか」「(おもちゃ)お片付けしようね」と声をかけると、自分から寄ってきたり、保育士とのやりとりの中で、言葉の意味や示す行動が少しずつ理解できるようになってきたことを感じています。これからも友達とのやりとりを楽しめるよう、子ども達の身振りやしぐさ、言葉に寄り添いながら楽しく元気に過ごしていきたいと思います。

 

7月 クラスだより

令和3年7月 松組

 待ちに待った水遊び!「今日、プールに入る?」と毎日楽しみにしています。「プールに入る準備をしよう!」と声をかけると、わくわくした表情でお茶を飲んだりトイレへ行ったり、自分達で水遊び前の準備をしています。着替えも早く、さすが年長組だなと感じています。プールでは水をかけ合ったり、水鉄砲で遊んだり伸び伸びと遊ぶ姿が見られます。「先生、見よって!」と水に顔をつけて見せる子どももいて、夏ならではの遊びをそれぞれに満喫しています。先月の終わりから楽器にも触れています。「前の松組さんがしよったね。」と言いながら、いろいろな打楽器に興味津々で、音を出したりリズムを真似して叩いたりしています。“自分達もやりたい”“楽しい”と思う気持ちを大切にしながら、これから運動会へ向けて練習を進めていきます。子ども達も疲れやすくなりますので、水分を摂ったり休息の時間をつくったりしながら、健康的に過ごせるよう十分気をつけていきたいと思います。

令和3年7月 竹組

♪ささのは〜さ〜らさら〜♪子ども達の元気な歌声が響いていた七夕まつり。友達と一緒にワクワクした表情で笹に飾り付けをしたり、織姫と彦星のパネルシアターを見たり…夏の夜空に想いを馳せながら楽しく参加する様子が見られました。みんなの願い事、叶うといいですね。プールでは、全身を存分に動かし、大きな水しぶきをあげながら遊んでいる子ども達です。開放的な気分でついついハメをはずしがちですが、静かに話を聞く場面、思い切り楽しむ場面とメリハリをつけながら活動を進めるなかで安全な遊び方が身についてきました。よく遊び、よく食べ、よく眠り、心も体もぐーんと成長できる夏にしたいと思います。来週の夏祭りでは桃組の子ども達と一緒にお店屋さんをする予定です。ペア決めを行うと早速大張り切りで手を引いてリードする姿が見られましたよ。当日は「いらっしゃいませー♪」と大賑わいでしょうね。写真にて様子をお伝えしますので楽しみにしていてくださいね。

令和3年7月 桃組

 汗ばむような日が続き、夏の訪れを感じるこの頃。七夕まつりやプール遊び、夏まつりごっこと夏ならではの行事にドキドキワクワクでいっぱいの子ども達です。先日の七夕まつりでは、みんなで笹飾りをしました。願い事は一人ひとり様々でしたが、短冊を大切にしながら丁寧に飾る姿や「ぼくは○○になりたい。」とみんなに言って回る姿に子ども達の熱い思いがひしひしと伝わってきました。「願い事が叶いますように…。」と色んな面で頑張る姿に微笑ましくも成長を感じたひと時となりました。

 

 また、子ども達は毎日プール遊びを楽しみに登園しています。プール遊びの時間は、常に沢山の笑顔と楽しそうな笑い声が響いていますが、時には「危ない!」というような場面もありました。子ども達と一緒に約束事を繰り返し確認しながら安全面には十分に気を付けて今後も楽しみたいと思います。疲れて帰ってくる日が続くと思いますので、ご家庭でもゆっくりと休息を取られてくださいね。

令和3年7月 すみれ組

 プール遊びが始まり、ワニになって全身水につかったり、ジャブジャブ歩いたり、バケツに金魚を集めたりと思い思いに水遊びを楽しんでいます。特に人気の遊びは水鉄砲!保育者をめがけてとばし、当てると得意気な顔の子ども達です。さらに今年から大プールにも入ることができるようになり、「大きいプールに入る人―?」と聞くと、「入りたーい!」と大喜びで子ども達も入っていますよ。これからも水の気持ちよさを感じながら存分に子ども達と楽しんでいきたいと思います。

 

 プール遊びが始まったことで、自分で洋服の着替えにも挑戦しています。ズボンの着脱は1人でも上手にできるようになりましたが、上着の着脱がまだ難しいようで「して。」と保育者に助けを求める子ども達。一緒に持って服の前後を確認しながら着脱の練習をしています。家庭でもお子さんと一緒に衣服の着脱に挑戦されてみてくださいね。

令和3年7月 たんぽぽ組

 

いよいよ待ちに待ったプール遊びが始まりました。初めは緊張した様子の子ども達でしたが、沢山の玩具に誘われてすぐに笑顔になり、喜んで遊ぶ姿が見られています。頭や顔に水が掛かってもへっちゃらな子、水鉄砲やスコップなどの玩具に興味を示す子、水が怖くて泣いてしまう子…子ども達の反応はそれぞれですが、一人ひとりが自分のペースで安心して楽しめるように、ゆっくりと進めていきたいと思います。

 

まだまだ一人遊びが多い子ども達。しかし最近は、友達の動きや遊ぶ様子を見て関心を示すようになってきました。真似して積み木を積み重ねたり、一列に座って電車ごっこを楽しんだり、同じような声を出したり…と、互いに笑い合いながら、友達と関わる喜びを感じているようです。より一層にぎやかになり、全体的に活発になってきました。今後も安全面には十分気をつけつつ、時には保育士も一緒に遊びながら関わりが深まるように楽しく過ごしていきたいと思います。

 

令和3年7月 梅組

 

6月末から始まったプール遊び。梅組の子ども達は、カラフルで可愛い乳児用プールに温水に入れ、楽しんでいます。温水シャワー(ジョーロ)を手足にかけると水をつかもうとしたり、水を怖がることなく水面を叩いてしぶきを楽しんだり…それぞれのペースで水に親しみ喜ぶ子ども達です。4月は、ねんねや抱っこだった子どもがずり這いして好きなところに行ったり、這い這いや伝い歩きだった子どもが、手放しで1人立ちしたりよちよちと歩き回るようになったり、手づかみで意欲的に食べるようになったりと日々成長を感じています。また、自分より小さい友達に興味を示すようになり、ラックを揺らしたり頭をよしよししたりする姿も見られます。友達への興味が出てきたことで、おもちゃの取り合いなども時々見られるようになってきましたが、「かして」「ちょうだい」などの言葉を代弁しながら、友達と関わる楽しさを伝えています。これから暑さが厳しくなってきます。一人ひとりの健康状態と安全面に十分に気をつけながら、ゆったりとした雰囲気の中で夏ならではの遊びを楽しみ、元気に過ごしていきたいと思います。

6月 クラスだより

令和3年6月 松組

 梅雨の晴れ間、楽しみにしていた泥んこ遊びをしました。友達と協力して長い川ができると「先生!見て!小川ができたよ!」と知らせてくれました。たくさんの泥だんごを作って並べる子ども達、バケツいっぱいに水を汲む子ども達、思い思いの楽しみ方をする中でだんだん慣れてくると、地面に寝そべってリラックスしている姿も見られました。この時期ならではの経験をし「楽しかった。」「またしよう。」と生き生きとした表情の子ども達でした。次は、もっとダイナミックになるかなと楽しみです。

 先日、キュウリの初収穫をしました。「大きいね。」「チクチクしとる。」「においがする。」とそれぞれの気づきがあり、その日の給食で出してもらうとみんな嬉しそうに食べていました。ちょっと苦手そうな子どももいましたが…その他の野菜の生長、朝顔の葉の変化などへの興味、それぞれの気づきを受け止めてみんなで共有し、一緒に見て触れて楽しみたいと思います。

令和3年6月 竹組

 どろんこ遊びへのご理解とご協力ありがとうございます。ワクワクした表情で着替えを済ませると裸足で元気に外へ飛び出して行き、泥や水の気持ちよさを感じながら夢中で遊ぶ子ども達でした。水たまりの上を思い切りジャンプして大きな泥水のしぶきをあげたり、手足に泥のパックを塗り合って楽しんだり、友達と協力しながら根気よく砂場に迷路を作り水を流して喜んだりと発想を豊かに膨らませながらいろんな遊び方を試す様子を見て、考える力や根気強さ、仲間と協力する気持ちなどが遊びを通して育っているように感じました。汚れるのが苦手な子も自分のペースで楽しめるよう見守りながらこの時期ならではの遊びを満喫していきたいと思います。
 そして最近嬉しくなるのが、年下の友達や赤ちゃんを喜ばせよう!助けてあげよう!と頑張る姿がたくさん見られるようになったことです。優しい気持ちが伝わってきます。お兄さん、お姉さんとして成長していく子ども達の今後が楽しみです。 

令和3年6月 桃組

天気の移り変わりが多いこの時期ですが、室内や戸外に関係なく、子ども達は汗ばみながら日々色々な遊びを楽しんでいます。園生活にも慣れ友だちや保育士との関わりも深まってきたように思います。今月から始めた歯磨きですが、初日から子ども達の取り組み方に驚きました。みんな保育士の手本をじっ~と見ながら集中して歯磨きをしてくれました。磨いた後は、「見て~!ピカピカね!!」とみんなで嬉しそうに見せ合いっこなんかもしていますよ。歯磨きセットの準備、ご家庭での練習等ご協力頂きありがとうございます。今後も週末に歯磨きセットを持ち帰りますので毛先等の確認をお願いします。

 

 先日から虫探しに夢中な子ども達。沢山虫を集めていたので「虫さんにもお家があるからきちんと返してあげてね。」と約束をしました。すると、部屋に戻るときには虫に向かって、「バイバイ、また遊ぼうね!」とそぉーっと手放して別れを惜しむ姿に心の温もりを感じました。そんな優しい姿を今後も沢山見つけて保護者の皆様に伝えていけたらなぁ~と思います。

令和3年6月 すみれ組

 暑い日が増えてきていますが、晴れた日は水遊びや泥んこ遊び、雨の日は粘土や新聞遊びと感触遊びを楽しんでいます。水を出すと「きゃー!」と言って自分から濡れに来たり、水たまりではジャンプしたりとダイナミックな子ども達。先日の新聞遊びでも、新聞のじゅうたんに寝そべってゴロゴロと転がったり、ワニに変身して新聞の海の中を進んだりして大喜びでした。中には、初めての粘土や泥んこ遊びで汚れるのが苦手で、なかなか触れない子もいましたが、保育者に誘われたり友達の姿を見て少しずつ楽しむことができるようになっています。感触遊びを楽しむ中で、「冷たい!」「やわらかい!」「ベタベタ!」など子ども達が自ら感触に気付いて、保育者に伝えてきますよ。今後も子ども達の発見に耳を傾けながら感触遊びを楽しんでいきたいと思います。これからプール遊びが始まります。暑い夏を元気いっぱい過ごせるように十分な休息と水分補給に気を付けながら過ごしていきたいと思います。

令和3年6月 たんぽぽ組

 

雨が多い時期ですが、子ども達の笑顔は曇ることなくいつも笑顔一杯です。笑い声も大きくなり、とってもにぎやかなたんぽぽ組。友達の名前を覚えて呼び合ったり、一緒に手を繋いで歩いたり…と、少しずつ友達同士で関わる姿が見られてきたように感じます。友達の真似をして苦手な食材を口に入れようとしたり、ズボンや紙パンツの着脱に挑戦したりする姿も見られており、沢山の刺激をもらいながら過ごしています。まだスプーンを使っての食事や着脱等、上手くいかないことも多いですが、援助することで「出来た」という喜びを感じています。沢山褒めたり一緒に喜んだりする中で、子ども達が「自分で出来た」という満足感を味わい、「自分でしたい」という意欲に繋がるよう関わっています。家庭でもぜひ挑戦し、励まし褒めてあげてください。

 

しばらくは雨の日も多いとは思いますが、室内で体を動かす時間も沢山取り入れながら、子ども達の欲求にしっかりと応えていきたいと思います。

 

令和3年6月 梅組

部屋から外を眺めては「あっち!」と園庭を指差し、外へ行きたいことを伝えてくる子ども達。保育士に抱っこされ、少しずつ砂に足を着くことに慣れてきた友達も、今では気に入った遊具の方へ移動して遊んでいます。小さい子は散歩車に乗ってすやすや気持ち良さそうな寝顔を見せている子もいますよ。雨の日は、テラスを散歩したり、シャボン玉を楽しんだりして気分転換するようにしています。

歌や手遊びを始めると、リズムに乗って手や体をゆらゆら動かし、かわいい表情を見せてくれるようになりました。

梅雨の季節ですが、雨の合間には泥んこ遊びをしたり、水にも親しんでいきたいと思っています。どんな表情を見せてくれるのか楽しみです♪

暑くなってくると子ども達は、思っている以上に体力を消耗しやすくなります。水分補給や衣服の調節、室温管理をしながら健康に過ごしていきたいと思います。

5月 クラスだより

令和3年5月 松組

  今月から、新しい友達が仲間入りし、ますますにぎやかになった松組さんです。最近は「トイレのスリッパがぐちゃぐちゃやん。」「まだここにおもちゃがあるよ。」などと周りのことによく気が付いて知らせ、積極的にスリッパを並べたり、最後までみんなで片づけたりするようになりました。「ありがとう。助かったよ。」と言葉をかけるとニッコリ!意欲的な姿が見られます。

 この1カ月で夏野菜の苗植えやジャガイモ、人参、玉ねぎ掘り、朝顔の種まきや球根掘りなど年長児ならではの体験をしました。収穫の喜びを感じながら、土に触れ、感触を楽しむこともできました。中には小さい虫や幼虫を見つけ、知らせてくれる子ども達もいて、生き生きとした表情を見ることができ、とても貴重な時間でした。今は水かけや観察をし、「大きくなりますように!」と生長を楽しみにしています。

 これからもっと暑くなり、活動量も増えてくるので、疲れやすくなるでしょう。休息をとりながら、それぞれの体調に十分気をつけていきたいと思います。

令和3年5月 竹組

 連休明け、友達との再会を喜んでいた子ども達。にぎやかにおしゃべりを楽しむ姿、笑顔いっぱいにじゃれ合う姿にほっこりとした気持ちにさせられました。ケンカも日常茶飯事ですが、心の中ではしっかりと固い絆でつながっているようですね。また「連休中の出来事」をインタビューするとみんな照れながらも嬉しそうに発表してくれましたよ。制限の多いなかでのゴールデンウィークでしたが、家族で楽しく過ごせた様子が伝わってきました。

 ぐーんと気温が上がったり、雨が降ったり、安定しない空模様が続いていますが、日々子ども達が様々な活動に楽しく挑戦できるように心がけています。ピアニカの活動を行うとまるで宝箱開けるかのようにワクワクした表情を浮かべ、喜んで鍵盤に触れていました。見ているだけで楽しいメロディーが聞こえてくるような光景でしたよ。(※ホースを使った本格的な練習はコロナウィルス感染拡大が落ち着くまで延期したいと思います。ご了承ください。)

 

令和3年5月 桃組

 新年度から約一ヶ月が過ぎ少しずつ緊張もとれ、元気いっぱいの笑顔で過ごす姿が増えてきました。朝登園してくると「〇〇くん、来てない?」「〇〇ちゃんは?」など友だちとの関わりを楽しみにしている子ども達の姿が見られます。友だちとの関わりの中で、良いことも悪いこと含めて色んな思いがあることに気づいてくれたらなぁ~と思います。

 

 天気が良い日には戸外に出て伸び伸びと遊んでいますが、雨天時には、室内でマットや平均台を並べてアスレチックのようにして体を動かして楽しんでいます。高い所からジャンプしたり、不安定な所を渡ったりと最初は恐る恐る挑戦していた子ども達ですが、今では子ども達の方から「あれしたい!これしたい!」とリクエストがくるようになりました。日に日に動きがダイナミックになっています。これから雨の日が続きそうですが沢山体を動かして心と体を発散させ、そして体の土台作りを行うためにも、引き続き運動遊びに取り組んでいきたいと思います。

令和3年5月 すみれ組

5月になってだんだん暑い日が出てきていますが、子ども達は毎日元気いっぱい外遊びを楽しんでいます。また外遊びの中でだんごむしを見つけると、じっと観察したり、「だんごむし、かわいいね。」と話したりして、生き物への興味や親しみを持つ姿が見られていますよ。

 

すみれ組になって、自分で朝の準備や水筒・おしぼりの片付けに挑戦しています。一緒に出す物や場所を確認しながら取り組んでいますが、毎日の積み重ねによって自分で片付けることが増えてきました。時にはうまくいかずあきらめたり、保育士に助けを求めたりすることがありますが、さりげなく手伝い、「すごい!自分でできたね!」と褒めると笑顔になって嬉しそうな子ども達です。簡単な身のまわりのことが自分でできるように、またできた達成感を感じられるように、さりげなく援助して関わっていこうと思います。これから蒸し暑くなりますが、水分補給をして体調の変化に気をつけながら過ごしていきたいと思います。

令和3年5月 たんぽぽ組

 

  たんぽぽ組になり、あっという間に1ヶ月がたちました。4月当初は不安そうにしていた子ども達でしたが、少しずつたんぽぽ組での生活にも慣れ、笑顔で過ごせる時間も増えてきたように感じます。大型連休明けには友達と会えるのを喜ぶ姿も見られ、うれしそうに駆け寄る姿に私達もほっこりしました。生活の流れも徐々に分かってきて、お始まりに座って参加したり、歌や体操を楽しんだりする姿が見られています。「ちゅうりっぷ!」「こいのぼり!!」とリクエストするほど大好きな歌は、振り付けつきで楽しそうに歌ってくれていますよ。

 

 天気の良い日は毎日裸足になって、大好きな戸外遊びを満喫している子ども達。汗をかきながらも砂場にリトルハウスに滑り台に…と大忙しです。元気で楽しそうな声も聞こえてくるようになりましたよ。

 

 梅雨も段々と近づいてきているようですが、晴れの日も雨の日も体を沢山動かして、気持ちを発散しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

 

令和3年5月 梅組

 

 

新年度が始まり1か月半が過ぎました。好きな玩具や遊びを見つけたり、戸外に出て心地よさを感じながら身近な自然に触れたり、体を動かして遊ぶことを楽しむ子ども達です。

 

最近は、自己主張が出てきて一生懸命保育士に自分の思いを伝えようとしています。指さしや思いに応えたり、保育士が言葉を添えて、伝えようとする気持ちを大切にしたいと思います。

 

食欲旺盛な高月齢の子ども達。給食では、頑張ってスプーンで食べています。気づくと手づかみ食べになっている時もありますが「自分で!」という意識が高まってきています。さりげなく補助しその気持ちを大切にしたいと思います。低月齢の子ども達は、保育士がスプーンで運ぶとパクッと口に入れ、モグモグしている姿が何とも可愛らしいです。食事が楽しいものとなるよう「モグモグおいしいね♪」など話しかけながら、また咀嚼もしっかりできるよう働きかけていきたいと思います。体調を崩しやすい時期でもありますので、子ども達の体調を把握し、伸び伸びと遊べるように見守っていきます。

 

4月 クラスだより

令和3年4月 松組

 いよいよ年長組となりました。「松組さ~ん!」と呼ぶと「は~い!」と、とても嬉しそうに返事をする子ども達です。「さすが松組さん!」と褒めるとより一層はりきり、毎日伸び伸びと積極的に活動する姿が見られます。春の日差しをあびて散歩をしたり、園庭では友達と誘い合って鬼ごっこやままごと遊びなどを楽しんでいます。そんな中、ときどき思い通りにならず保育者のところへ話しに来ることもあるので、それぞれの思いを聞いて、自分の言葉で相手に伝え合っています。小さい子ども達との関わりの中では、恥ずかしさが見られることもありますが、優しく接する場面が多く見られます。これから相手を思いやり、互いに認め助け合いながら過ごせるように見守ったり、仲立ちをしたりしていきたいと思います。

 園生活最後の一年!みんなで笑ったり泣いたり、時にはケンカをしたりしながらいろいろな経験を重ねて、楽しくより充実した生活を送れるようにしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。 

令和3年4月 竹組

 竹組になれた喜びでいっぱいの子ども達。進級当初は、体が無意識に桃組に向かってしまうことも多く「あっ、間違えたー!」と慌てて戻ってくる姿が微笑ましい毎日でしたが、今では新しい保育室での生活にも慣れ、身のまわりのことにとっても意欲的に取り組んでくれています。みんな立派に成長されましたね。できるようになったことを子ども達と喜び合い、たくさん褒めて自信をつけながら、じっくりと信頼関係を深めていきたいと思っています。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 ポカポカ陽気の下、園庭でのびのびと遊んだり、散歩に出掛けたりしながら元気に過ごしています。虫を見つけてじーっと観察したり、草花を摘んで遊びに取り入れたりと春の自然を存分に味わいながら楽しむ姿も見られています。お昼寝がなくなって喜んでいる反面、午後になると疲れが見られる子もちらほら…。休息をとりながら無理なく過ごせるように心がけていこうと思います。

令和3年4月 桃組

また一つお兄さんお姉さんになった喜びいっぱいに生き生きとした表情が沢山見られます。今年度は新しい友だちが加わり、18名で桃組がスタートしました。2階の保育室に黄色のカバン、体操服にと、今までとは生活スタイルが変わり、最初は戸惑うことも多かったのですが、今では「先生こう?」と聞きながら登園後の身支度などもスムーズにできるようになりました。まだまだこれから戸惑うこともあるかもしれませんが、一つ一つの事を丁寧に伝えて子ども達が「自分でできた!」という喜びを経験する中で自信をつけていって欲しいと思います。

 戸外に出ても沢山体を動かして遊んでいます。園庭中を走り回ったりジャングルジムに挑戦したり、友だちとままごとをしたりとそれぞれに好きな遊びを楽しんでいます。遊びの中で自分の得意なことを見つけたり、友だちの思いに気づけたり、そしてなにより「保育園楽しい!」と笑顔で登園することを目標にしたいと思います。一年間、よろしくお願いいたします。

令和3年4月 すみれ組

 新しい友達3名が加わり、16人ですみれ組の生活がスタートしました。新しい部屋になって、今までと違うおもちゃや絵本を手に取り子ども達も嬉しそうに遊んでいます。また、線に並んで歌を歌う活動をすると、さっと並んで気を付けのポーズ。早速頼もしいすみれ組パワーを発揮していますよ。また、園庭のこいのぼりに夢中の子ども達。こいのぼりにタッチしようとしたり、こいのぼりが風に揺れず垂れていると、「あれ?眠っているのかな?」と大きい声でこいのぼりの歌を歌ったり、「起きて―!」と言って起こしたりかわいい姿が見られています。

 

 すみれ組では、また一段と自分でできることが増えていきますが、子ども達の自分でやりたいという気持ちに寄り添い、できたことは一緒に喜んで子ども達にとって楽しい生活が送れるように関わっていきたいと思います。至らない点があることと思いますが、1年間よろしくお願いします。

令和3年4月 たんぽぽ組

 

ご入園・ご進級おめでとうございます。2名の新しいお友達を迎え、9名でたんぽぽ組がスタートしました。初めは、ちょっぴり不安そうな表情を見せていた子ども達ですが、少しずつ笑顔で過ごせる時間も増えてきています。戸外遊びが大好きで、「お外にいこうね」と声を掛けると、急いで帽子を取りに行く姿が見られます。砂遊びをしたり、滑り台を滑ったり、押し車に跨ったり…毎日、自分の好きな遊びを見つけて遊び込んでいる子ども達です。まずは、[安心して保育園生活を送ること]を目標に、一人ひとりとの関わりを大切にしながら、過ごしていきたいと思っています。そして、楽しい!うれしい!!と思えることが、一つでも多く経験出来たらいいなと思っています。

 

保護者の皆様には色々とご協力をお願いすることがあるかと思いますが、共に子ども達の成長を喜び合いながら見守っていきたいと思っています。一年間どうぞよろしくお願い致します。

 

令和3年4月 梅組

 今年度は9名でスタートした梅組。新しい友達も増え部屋の中は賑やかです。入園当初、新しい友達は初めて家族から離れての集団生活で、涙も多く見られました。進級児の友達も、環境の変化から不安や緊張を感じていました。それでも最近では、登園時は泣いていても、戸外に出たり散歩車に乗ると気分転換でき、落ち着いて過ごせるようになりました。少しずつ園生活や新しい環境に慣れ、保育士に名前を呼ばれると「は~い」と手をあげたり、目が合うとにっこり笑ったりして、多くの笑顔を見せてくれています。園庭で泳ぐこいのぼりや工事の車にも興味を示し、指差して外へ行きたいことをよく催促してきます。見るもの聞くものすべてが好奇心の対象となり、園庭のあちこちにちょこちょこ行っては、目を輝かせている子ども達です。毎日、いろいろな発見をしているのでしょうね。

スキンシップをたくさんとりながら、子ども達の思いを受けとめ安心して過ごせる保育を心がけていきたいと思います。1年間、どうぞよろしくお願いします。