クラスだより             2013.2  大溝保育園

梅組   ~自分で頑張るよ~     平成25年2月15日(金)

 先日の生活発表会では、驚いたり、泣いたり、踊ったりといろいろな表情を見せてくれた梅組さん。初めての場所、たくさんの人達の前で、みんなよく頑張ったなあと嬉しく思いました。発表会が終わってからも曲をかけると、ニコニコ笑顔で両手を挙げたり、手拍子をしたり、腰を振ったりと可愛らしく踊っています。

 最近、身の回りのことを自分でやろうとする子ども達が増えてきました。ズボンをはいたり、手を洗う前に袖をあげたり、給食を自分で食べようとしたり…手伝おうとすると“一人でできる”と言わんばかりに嫌がることも…。出来たことを「すごいね!」「できたね!」と褒めると、嬉しそうな子ども達。いろいろな場面で成長を感じています。

ばら1組  ~サーキット遊び~     平成25年2月15日(金)

 トンネル、ステージ台の平均台、マットで山を作り、サーキット遊びをしました。トンネルをくぐったり、平均台では、両手を広げてバランスをとりながら上手に歩いていました。低い台なので、みんな怖がらず、喜んで渡ったり、時には、ハイハイしながら渡ったり、またがって進んだりしていました。マットの山では、両手をついて登ったり、ジャンプして降りたり、山の上から寝転がってコロコロと転がったり、みんなダイナミックに全身を使って遊んでいました。

 みんな昼間はパンツで過ごしています。時には濡らすこともありますが、トイレで出ると、「出たよぉ~!」と嬉しそうに報告してくれています。色んな事が出来るようになり、生活発表会では泣かずにステージに立つ事が出来、子ども達の成長を感じています。

ばら2組   ~はじめてのおりがみ遊び~   平成25年2月15日(金)

 先日の生活発表会いかがだったでしょうか?「発表会がんばる!」とはりきっていた子供たち。お母さんの顔が見えて思わず泣き出してしまった子もいましたが、みんなとてもかわいらしい姿を見せてくれました。

いろいろな事が分かり、いろんな事できるようになってきたばら2組さん。はじめての折り紙にもチャレンジしてみました。半分に一回折るだけですが、「バスの形になった~!」と大喜びして、その中にクレヨンでタイヤお顔を書いて、楽しんでいました。

もうすぐ年少さん。自分でできることは自分で!と伝えていきながら、進級することに期待をもたせていきたいと思います。

 桃組    ~ハンカチ結びが出来たよ~   平成25年2月15日(金)

 先日の発表会、楽しい発表会になるようにと、ダンスは子ども達が大好きなプリキュアやゴーバスターズを選びました。子ども達は大喜び、毎日楽しそうに踊っていました。中には、お家で歌いながら練習していた子もいましたよ。すごーい!! 本番は、みんな元気いっはい楽しそうに、男の子はかっこよく、女の子は可愛く踊ってくれました。子ども達は、感想を「ドキドキしたけど楽しかった。」「また出たい!」「いっぱい褒めてもらって嬉しかった。」と話してくれました。発表会を経験して大きく成長した子ども達、これからもいっぱい褒めて嬉しかった、楽しかった、経験をたくさんさせていきたいと思います。

 また、最近ハンカチ遊びをする姿が見られます。ブロックを包み結んで、「せんせーい!おべんとうどうぞ!」と持って来てくれる可愛い子ども達です。 

竹組  ~楽しかった☆生活発表会☆~   平成25年2月15日(金)

 生活発表会では、たくさんの温かい拍手、ありがとうございました。おうちのひとからほめてもらったことが、子どもたちにっとっての一番のご褒美となったようです!発表会当日、舞台裏では「あ~ドキドキする!どうしよう!」と緊張気味のお友達もいましたが、ステージの上ではみんな堂々としていて、ステキな笑顔が輝いていましたね。毎日、発表会へ向けてクラスみんなで一緒に歌ったり、踊ったり、演奏したりするなかで友達同士の“絆”がぐっと深まったような気がしました。“仲間っていいな♪”そう感じたうれしい発表会でした。発表会を終えた今も『ふしぎの国のアリス』ごっこが日課となり…自分たちで役を決めて、大盛り上がりの竹組さんです。

 いよいよ今年度も残りわずか…進級を意識した生活を心がけるとともに、今まで一緒に過ごして仲良くなった松組さんとの楽しい思い出をいっぱいつくっていきたいと思います。

松組  ~ぬけたよぬけた 大きなだいこん~  平成25年2月15日(金)

生活発表会当日は、「緊張する」と言いながらも堂々とそして楽しそうに踊ったり劇をしたり伸び伸びと表現している姿を見て、大きく成長したなと痛感しました。舞台をおりてきた子ども達は「あ~、ドキドキしたけど頑張った」と自信に満ちた笑顔をみせてくれました。

いちごへの慰問では、おじいちゃん、おばあちゃんにやさしく話しかけたり、肩をたたいてあげたり歌やお遊戯を披露し、たくさんの拍手をいただき楽しいひとときがすごせました。

秋に生ごみで土作りをし大根の種をまき大きく成長し竹組さんと一緒に収穫しました。「う~ん、ぬけない」「力がいる」と苦戦していましたが、自分で抜いた大根をかかえて「何の料理を作ってもらおうかな?」とにこにこしていた子ども達です。

保育園生活も残り少なくなってきました、「小学校はこんなところだよ」と                      話をしていきたいと思います。