クラスだより       2016.3    大溝保育園

梅組  ~心も体も成長中♡♡~

 吹く風が少しずつ春めいてきましたね。このクラスで過ごすのも残りわずかとなりました。初めはあんなに泣いていた子どもたちがこの一年で心も体も大きくなり、成長した姿を沢山見ることができ嬉しく思います。

 うた♪が大好きな子どもたち。「むすんでひらいて」「コンコンクシャンのうた」「あがりめ さがりめ」などとても上手にしています。手遊びや踊りなど、保育士も一緒になって楽しんでいますよ♡

 友だちとの関わりでは、身振り、手振り、喃語、単語で自分の気持ちを表現する姿が見られるようになりました。「どーぞ」「かして」「せんせー」など、やりとりする姿もあり、友だち同士の関わりが増え、その関わりの中で、思いやりの心も育ちました。できなかったことが少しずつできるようになり、素敵な個性もでてきた子どもたち。そんな一年はあっという間でしたね。成長多き一年を子どもたちと一緒に過ごし、保護者の方と見守っていけたこと、とても嬉しく思っています。温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。やんちゃざかりの可愛い梅組さん♡これからもすくすく元気に大きくなあれ☆☆☆

ばら1組   ~大きくなったよ☆~

日々の生活のなかで、出来るようになったことがたくさん増えました。「すごいね~」「こんなことできるんだ」の言葉かけに、うれしくてにっこり♡まわりの子ども達も「わたしもできるよ~」のアピールをしています。4月の写真と見比べてみても、お顔がお兄ちゃんお姉ちゃんになっていました。改めて成長を感じ過ごすことができた一ヶ月でした。

先日シール貼りをしたときには、指先の使い方が器用になり次々と紙に貼っていました。おしゃべりも上手になり、言葉で伝えようとする姿に感心し、子どもの言葉に耳を傾けていると、大人の会話(言葉)をよく聞いているなぁと感じることもたびたび…でした。

ばら2組への進級を楽しみにしながら、スリッパを履いてトイレにいくこと、少し高くなる机や肘置きなしのイスに座ることなどを”ばら2組体験”しました。かわいくも力強く成長した子ども達の姿を嬉しく思います。

ばら2組  ~みんな上手に跳べたよ!~

 以前は、一列に並べたリングを『ピョン、ピョン!』と両足跳びで跳ぶだけでしたが、今では、『ピョン、パー!、ピョン、パー!』と、両足跳びから、両足広げて上手に跳ぶ事が出来るようになりました。リトミック遊びでは、オルガンの音に合わせて部屋の中を自由に歩き回り、音楽が止まると、両手を頭の上で『パン!』と叩いたり、両手、両足を床につけ、『ピョン!』と、カエルになっています。体を使った遊びをたくさん取り入れています。また、待つことも上手になり、友達がやっているのを座って見る事も出来ています。

 先日、4月から使う黄色のカバンと黄色の袋を手にすると、すごく喜んでいて、桃組に進級する期待が膨らんでいました。時々、二階に上がって、桃組のイスに座ったりもしています。

桃組    ~ つくし いっぱいとったよ!! ~

 「ぽかぽか春がやってきた~♪」と歌いながら散歩に出掛け、先日つくしとりを楽しんできました。また、花壇のチューリップの成長を楽しみに観察しなが春の訪れを楽しんでいます。。

 4月、ぶかぶかの制服を着て入園式に参加した桃組の子どもたち。二階までカバンを抱えて上がっていくのもやっとの様子だった子ども達も、この一年で体も心もずい分たくましくなり大きく成長しました。着替えなど身の回りのことを自分でできるようになり、子ども達が楽しみにしている当番活動では、お手伝いを通して人の役に立つ喜びを感じることができるようになりました。

 「もうすぐたけ組さん♪」という期待を膨らませながら、友達との関わりを大切にし、残りの年少組での生活を楽しんでいきたいと思います。

竹組   ~もうすぐ松組さん!!~ 

 「先生、見て見て!大きくなっとるよ!」「黄色やん!」いつ花が咲くかなと楽しみに見ていた花壇のチューリップ。つぼみを見つけた子どもが知らせに来ると、他の子ども達も集まってきて、みんな大喜びでした。「この草とっていい?」と、積極的に草取りもしています。「松組さんになる頃に、いっぱい咲くね。」と話をすると、ニコニコ笑顔の子ども達。満開になる日を、楽しみに待っています。

 最近は、「大丈夫?」「がんばって!」と友達に声をかける姿を、多く見られるようになりました。子ども達の友達を思いやる心の成長も見られ、とても嬉しいです。竹組での生活はあとわずかとなりましたが、もうすぐ年長組になることへの期待が膨らんでいる子ども達が、安心して過ごせるようにしっかり寄り添っていきたいと思います。

松組  ~🌼優しく元気な子どもになって卒園します🌼~

4月、なかなか席に座らず、自分たちのおしゃべりに夢中で保育士の話が聞けず「とにかく元気!」でスタートした松組。運動会、生活発表会と2大行事を終え、心身ともにグ~ンと成長していく姿が見られました。大きな不安と期待から、気持ちが押しつぶされそうになった子もいましたが、常に子ども達と一緒に考えながら進めてきた1年間でした。いっぱい怒りました。いっぱい褒めました。小さな山、大きな山それぞれの子ども達が乗り越えて「優しく元気な子ども」になりました。「しっかり話を聞く子ども」になりました。保育園生活もいよいよあと半月となり、卒園に向けて最後の頑張り中です。卒園式では、入園した頃を思い出しながら保育園での生活で大きく成長した子ども達の姿をじっくり見てください。1年間ご協力いただき、また子ども達を励まし見守っていただき、本当にありがとうございました。