クラスだより       2016.1    大溝保育園

梅組   ~初めての舞台☆☆~

発表会では、子どもたちに沢山の拍手ありがとうございました♡全ての子どもが初舞台となり、保育園では見られないような表情をしている子どももいました。知らない場所でおうちの方から離れ、舞台の上に立ち沢山のお客様から見ていただく…とっても緊張したことだと思います。小さな体で大きな不安を感じたことでしょう!それでもいつも関わっている保育士のそばでキョロキョロとまわりを見渡したり、お名前を呼ばれると手をあげて返事してくれたりとあの場所で表現しようとしてくれました。本番なかなか踊れなかった音遊「フルフルフルーツ」。「おうちに帰ってこっぽーとで録画したビデオを見ると、踊り始めたんですよ!」など家庭での様子を教えてくださったお母さんもいらっしゃり、嬉しかったです!ひとつひとつの行事を経験し、子ども達の成長していく姿に嬉しさと頼もしさを感じています。

ばら1組   ~ドキドキしたけどがんばったよ~

発表会での姿いかがでしたか?出番待ちの控室では「ママがいい~」と泣いていたお友達も、次第に落ち着き笑顔をみせてくれそのまま舞台そでへ移動しました。お名前を呼ばれ大きな声でお返事、にこにこで登場、緊張で固まってしまう子など様々な表情をみせてくれました。自分でお名前を言う姿に、ドキドキが伝わってきましたが、さすがでしたね。練習より大きな声が出ていた子もいました。たくさんの拍手をありがとうございました。♪ほしぞらカーニバル♪の音楽が始まるとお客様の視線にドキドキしながらも体を動かし、踊ってくれましたね。全員が揃って舞台に立ち、可愛い姿を披露してくれ、成長感じることが出来たのではないでしょうか。

幕が閉まると「楽しかったね」「ママが見よらした」とお話しする子もいて、びっくり!発表会が終わった保育室でも、余韻を楽しみ過ごしています。またひとつ大きく成長したように感じています。

ばら2組   ~劇遊び『てぶくろ』楽しかったね!~  

 発表会では、『てぶくろ』の劇遊びをしました。ネズミ、ウサギ、キツネ、オオカミ、それぞれのお面をかぶり、登場しました。本番のステージでは、沢山のお客さんが見てある中、登場の音楽がなって恥ずかしそうに登場する子、張り切って全身で表現する子、色んな子ども達の様子を見ていただけたと思います。一人ひとりが頑張って、表現していたと思います。大きな『てぶくろ』に入る時の、「い~れ~て~!」「い~い~よ~!」のやり取りが、とってもかわいかったですね。2歳児さんらしさが出ていた、劇遊びだったと思います。発表会が終わり、「ウサギしたい!」「オオカミしたい!」と、言ってきた子ども達です。自分の好きな動物になって、楽しく『てぶくろ』ごっこをやっています。

 発表会を経験し、色んな自信がついたように思え、たくましくなったなぁ~、と感じました。

桃組      ~氷ができたよ!!~           

 先日の発表会いかがだったでしょうか?慣れない場所で緊張したり、泣きそうになったりするのではないかと心配していましたが、本番子どもたちの楽しそうな表情!!お部屋で遊んでいたいつものごっこ遊びのように元気に演じてくれました。終わった後、舞台裏で「楽しかったね~♪」「またしたいね~」と満面の笑み。子どもたちにとって大きな経験の一つとなり、またお兄ちゃんお姉ちゃんらしく成長したように感じます。

 ここ数日急激に寒くなっています。コップやバケツにためておいた水がカチカチの氷になり、「わぁーすごい!!」と驚き、触ってみる子どもたち。冬にしか見ることのできない自然現象にも興味を持たせながら、風邪をひかないように手洗いうがいのやり方を伝えたり、寒くても外で体をしっかり動かして温まるような遊びを取り入れたりしながら、過ごしていきたいと思います。

竹組     ~ドキドキしたけど、楽しかったよ!~    

 “ねずみのすもう”に“ヘンゼルとグレーテル”の言語劇。自分がなりたい役を選ぶと、すぐに台詞を覚えた子ども達です。練習を始めた頃は、恥ずかしそうにしていたのですが、練習を重ねるごとに自信がつき、楽しんで台詞を言うようになりました。時々忘れてしまうこともありましたが、そんな時は子ども同士で「○○よ。」と教え合っていました。

 合奏は、パート別の練習で上手に出来ていても、他の楽器と合わせようとすると、テンポが速くなったり、うまくリズムが取れなかったり…。難しかったのですが、子ども達なりに一生懸命頑張りました。

 慣れない場所での本番は、戸惑いがありましたが、みんな笑顔で楽しそうしていました。みんなでやり遂げたことは、子ども達それぞれの自信につながったと思います。

松組   ~★いっぱいほめてもらってうれしかったね★~

保育園生活最後の生活発表会、大溝保育園初の「方言紙芝居」や「たのしい保育園」の発表、「名前の由来」や「言語劇」等文章をいくつも覚えて発表する演目がいっぱいでした。みんな、本当によく頑張りました。ご家庭で一緒におけいこしていただいた力もとても大きかったと思います。親子で作り上げた発表会だったように思えます。本当にありがとうございました。

発表会が終わり、今度は町内の老人施設2か所への慰問で、ダンスや方言紙芝居、歌等を披露します。年長児としてまだまだ頑張り続けています。色々なことを経験し、子ども達はまた一段と成長することと思います。子ども達の秘めた力にはびっくりさせられ通しです。残り2か月の保育園生活が、より充実したものとなるようにしていきたいと思います。