クラスだより             2014.3大溝保育園

  梅組          ~さんぽ だいすき~          平成26年3月14日(金)   

 寒い日もありましたがやっと暖かくなり、戸外で好きな遊びを楽しんだり、散歩に出かけては菜の花を見たり、草花を摘んだりして、春の陽ざしを浴びながらゆったりとした気持ちになった子ども達です。

 入園当初からするといろいろな面で成長し、友達とも関わりながら遊ぶようになりました。保育士の言っていることを真似して言って楽しんでいる子ども達。あらっ!と思いながらも成長を感じ嬉しくなります。

 梅組での生活もあと二週間となり、一人ひとりの生活を見直すとともに、笑顔いっぱいの毎日が送れるように触れ合っていきたいと思います。

ばら1組          ~思いやり!み~つけた!!    平成26年3月15日(土)   

一緒に遊んでいて、転んでしまったお友達に「大丈夫?」と声をかけたり、玩具の取り合いをみて、「ここにあるよ!」と探してくれたり、この一年で心も体もまた一つおおきくなった子供たち!!3月のシール帳を見ながら、「これ終わったらばら2組ねえ~」と進級もとても楽しみにしています。

「すご~い!ばら2組さんみたい!!」とそう誉めると自分で何でも頑張っていますよ!!子供たちにとっての今の”魔法の言葉”です。残りのばら1組での生活、この魔法の言葉でたくさん誉めて自信へとつなげ喜びと期待を持ちながら友達や保育士と楽しい時間を過ごしたいと思います。

 ばら2組        ~もうすぐ 桃組さん!~         平成26年3月13日(木)

 暖かい日が増え、外あそびが心地よい季節になりました。ばら2組のお友達は春の訪れを喜ぶかの様に元気いっぱい園庭を走り回っています。

 「もうすぐももぐみさんになる!」と進級をとても楽しみにしているばら2組のお友達。お話をしっかり聞いたり、トイレや手洗い、身の回りのことなどじぶんでできることもいっぱい増え、進級への期待が高まっている様です。また、遊びの時に「かして!」「いいよ!」など言葉でのやりとりが出来るようになったり、小さいお友達に対して、やさしくしたり我慢したりなどすっかりお兄ちゃんお姉ちゃんぶりも発揮しています。この一年で大きく成長したばら2組のお友達。そんな気持ちを大切にしながらこれからも楽しく充実した日々を送りたいと思います。

  桃組         ~みんな なかよし~           平成26年3月12日(水)

 少しずつ気候が良くなり、戸外での活動が増えてきました。先日の散歩では電車を見て楽しんだり、梅の花を見て春の訪れを感じたりすることができ、いつも以上に楽しい時間を過ごすことができました。園庭では三輪車、スクーター、固定遊具などそれぞれが好きな遊びを選んで伸び伸びと遊んでいます。友達との会話も一段と増え、「一緒に遊ぼう!」「うん、いいよ!遊ぼう!」などと和やかな雰囲気の桃組です。この一年で、身の回りのことをすすんでするようになったり、当番活動を楽しんだり、一人で着替えをするようになったり、自分の気持ちを伝えるようになったりといろいろな場面で成長が見られます。桃組での生活もあとわずか…一人ひとりの成長を認め、年中組になる期待につながるように関わっていきたいと思います。

 竹組           ~可愛くするね~              平成26年3月18日(火)           

あと半月で松組へ進級する子ども達、「もうすぐ松組になる。」と喜びと期待であふれています。今月から、松組のお当番の仕事を体験しています。“朝、給食室に行き人数を伝える”“おやつの後、台拭きを下のクラスに持っていく”のの二つの活動にみんな大張り切り!台拭きを洗濯機に入れてきた当番さんは「先生、褒められた!もうすぐ松組さんだから上手ねって言われた。」と目を輝かせてお部屋へ戻ってきます。また、先月から「五つのお約束」について話をしていますがある日、六番目のお約束をしているというお友だちがいて、どんなお約束かみんなに教えてくれました。すると、全員一致で六番目のお約束“ママのお手伝いをする”が決定しました。

 お名前書きも嬉しくて楽しそうでした。「お母さんと一緒に書く順番を守って書いてね。」と伝えると次の日、「見て!書いてきたよ。」と嬉しそうに見せてくれました。 

 この一年間で、大きく成長した竹組さんです。子ども達の姿を見ていると嬉しくなります。きっと、松組さんでも頑張ってくれることでしょう。楽しみです。

 松組          ~みそ汁作りをしたよ!~       平成26年3月13日(木)

 保育園生活も、あとわずかになりました。先月、小学校体験に行くと、一年生の席に座らせてもらったり、学校を案内してもらったり、もうすぐ小学生になるんだ!という期待も膨らんできたようです。青少年科学館では、プラネタリウムを見たり、色んな体験をしたり、みんなの笑顔がはじけていました。10月に自分達で作った味噌が出来上がり、お家の方を招待して、みそ汁作りをしました。一人ずつ味噌こしを使って味噌を入れ、貴重な体験をしました。自分達で作ったみそ汁をお家の方達にも食べていただくと、「おいしい。」と言われ、子ども達も嬉しそうでした。お家でも、みそ汁を作ってくれることでしょう。

 安心して就学できるよう、一人ひとりと、ゆっくり関わっていきたいと思います。