クラスだより           2014.1大溝保育園

  梅組           ~ひよこになるよ~             平成26年1月14日(火)    

 新しい年になり、年末インフルエンザに罹った子どももあまりいなくて元気に過ごしている子ども達です。男の子は車や新幹線のおもちゃが大好き、女の子は赤ちゃん人形が大好き、みんな気に入ったおもちゃで夢中で遊んでいます。

 来月は生活発表会があります。先月から遊戯の曲を流していたので、スムーズに曲に溶け込み、保育者の真似をしながら楽しく踊っています。曲が終わると、「終わった。またかけて!」と、言葉や態度で表す子どももいます。本当に遊戯が好きですね。また、「でておいで~!!」の声で背景の卵が割れ顔を出すと、にこっと満面の笑顔を見せてくれます。生活発表会でもこんな姿を見てもらいたいですね。どうぞ楽しみにしていて下さい。

  ばら1組         ~お友達と仲良しこよし~           平成26年1月14日(火)

お正月明けも全員元気に登園!!

新年から元気いっぱいのスタートになりました。

お始まりや給食の時は、手をつなぎあったり、

「隣に座りたい・・」と言ったり、久しぶりにお友達に会えたことが嬉しいみたいです。

また、「かして」や「かわって」「あとで」「いいよ」と

言葉で伝えるようになり我慢することも出来たりして、生活の中で譲り合ったり、貸し借りがスムーズになり

お友達への思いやりが育ってきてるなあ~と感じるこの頃です。

今月から少しずつ発表会に向けてのダンスも踊っています。

「イエイ!」と元気に手をあげてノリノリで可愛いです。

当日は、家族の方が見に来てくれるのを楽しみにしてますが、沢山のお客様にびっくりしてしまうかもしれませんが、発表会は温かい拍手をお願いします。

 

 

 ばら2組       ~おゆうぎたのしいなぁー!~          平成26年1月14日(火)

  新しい年を迎え、一年で一番寒い時期ですが「先生、お外がいい!」と言ってくる寒さに負けない元気いっぱいのばら2組さんです。

 1月より2名のお友達が進級され、ますますにぎやかです。今月に入り、生活発表会の練習を始めました。「もう一回した~い!」と毎日の練習にもとても喜んでみんな踊ってくれています。本番でもこの笑顔がお観せできたらいいなぁと思っています。これからも楽しく練習に取り組んでいきたいと思います。

 インフルエンザの流行も一段落といった様子ですがまだいろんな感染症が流行する時期です。園でも手洗いをしっかりして体調の変化に目を向け元気に過ごしていきたいと思います。

 

 桃組         ~生活発表会、頑張るよ!~           平成26年1月14日(火)

 年末は、インフルエンザで欠席する子ども達がいましたが、年明けにはみんな元気に登園し、にぎやかな桃組さんです。
 来月の生活発表会へ向けての練習も、いよいよ本格的になってきました。合奏は、これまで楽器ごとの練習をしていましたが、先週からみんなで合わせています。合わせ始めると他の楽器が気になり、リズムが取れず難しいようですが、みんなそろって合奏することが嬉しそうです。劇あそびも自分で選んだ役なので、より一層楽しんで練習をしています。まだまだ、台詞を忘れてしまうこともありますが、本番に向けて楽しみながら練習を続けたいと思っています。当日は大きな舞台でたくさんの人の前なので、恥ずかしがったり、戸惑ったりすることもあるでしょうが、一人ひとりの成長を見ていただきたいと思います。

 竹組         ~だれが一番まわるかな!~           平成26年1月14日(火)

「明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。」みんなにこにこ笑顔での新年の挨拶で今年が始まり、「あのね、私ね、大掃除を手伝ったよ。」「ちゃんと靴並べたよ。」「神様のところにお参りに行ったよ。」など楽しそうに目を輝かせお話してくれました。きっと、歳神様が“いのちのひかり”をプレゼントしてくれたことでしょう。

 今月から、合奏や創作劇「きんのがちょう」の練習を始めました。劇では、なりたい役をみんなで決めると、何の役をしようか迷ったり、仲良しの友達と一緒の役がいいと話し合ったりして、役決めをしていきました。役が決まり、練習に入ると表現することの楽しさがわかり、お互いにお友だちを褒め合うことで自身がついてきています。合奏では、音が合わさるときれいに聞こえることが感じられたらと思い、それぞれのパートを少しずつ合わせています。みんなでひとつのことをやり遂げる楽しさがわかり、発表会という経験を通してまたひとまわり成長して欲しいと思います。

 松組         ~大根 掘ったよ!~                  平成26年1月14日(火)

 9月にそれぞれの家庭から持ち寄った『生ごみ』で土作りをし、10月に冬野菜『大根』の種をまきました。11月に大根の葉を間引きし、給食で、『煮びたし』にしてもらったり、家、お漬物にしたりみそ汁に入れてもらったりして、やわらかい葉っぱを味わいました。12月には、土から少しだけ白い大根が見えるようになり、今月、松組と竹組で、大根掘りをしました。大きく育った葉っぱをしっかり持って、『うんとこしょ!どっこいしょ!』まるで、絵本の『大きなかぶ』の場面のようでした。みんな、なかなか抜けない大根を一生懸命、掘っていましたよ。長い大根が抜けると、「やったぁ~!ぬけたぁ~!」と、大喜びでした。自分が掘った大根を大事そうに持って帰って、家では『おでん』『すり大根』『みそ汁』などで食べたよ!と、教えてくれました。

 今、生活発表会に向けての練習をしています。みんなで力を合わせ、ステージで、キラキラと最高の笑顔で表現できるよう、毎日頑張っています。保育園最後の発表をとても楽しみにしている子ども達です。