クラスだより            2013.4  大溝保育園

梅組   ~泣かずに遊んでいるよ!~     平成25年4月18日(木)

 入園当初、新入園児はお家の人と離れて泣いていたり、在園児も保育者にちょっぴり人見知りしている子もいました。しかし、今では慣れてきて笑顔も見られ、”いい顔、いい顔、ニィ~!”として見せたり、保育士に手を差し出して”抱っこ!”と甘える姿もあります。可愛いですね。お昼寝も安心してぐっすり眠れるようになってきました。

 これからも、ひとりひとりの子ども達が、ここが自分の居場所となるように温かく見守りながら、ゆったりとした生活を送られるようにしたいと思います。

 

 ばら1組     ~朝のおはじまり(もう泣いてないよ!)~    平成25年4月18日(木)

 大好きなお母さんと離れられずに、泣きながら登園していた新入園児の子ども達も、少しずつ慣れてかわいらしい笑顔を見せてくれるようになりました。朝のおはじまりの時に、「シール貼るよ~。」と声をかけると、出席カードを持って、席に座るようになった子ども達。「先生おはよ~♪、みなさんおはよ~♪」と保育者が歌い始めると、真似をして楽しそうに体を動かしたり、一緒に歌ったり。でも、やっぱりお外遊びが大好きで、砂遊びやミニカー、園庭の遊具で毎日元気いっぱいに遊んでいます。

 これから一年間、家庭的な雰囲気の中で子ども達の成長を温かく見守っていきたいと思いますので、どうぞご協力よろしくお願い致します。

 ばら2組      ~ほいくえんたのしいなぁー♪~       平成25年4月18日(木)

 新しい環境にも少しずつ慣れ、笑顔いっぱい元気いっぱいで楽しく過ごしています。

タオルやエプロンを自分でかけたり、出席カードにシールを貼った後はカバンに片づけたり、自分で出来る事が嬉しいようで張り切ってしてくれています。又、お外遊びが大好きで、お外へ出る時には急いで帽子を被り、靴も自分で履いています。そんな「自分で」の気持ちを大切にしながら、子ども達が一日を安心して過ごせるような環境づくりに心がけ、楽しく過ごしていきたいと思います。

 桃1組       ~友達、増えたよ!~             平成25年4月18日(木)

 新しく、5人のお友達が仲間に入りました。まだ新しい環境に戸惑いがありますが、少しずつ慣れてきて好きな遊びを楽しむ姿が見られるようになってきました。進級児の中には、友達とクラスが分かれてちょっぴり寂しい子ども達もいたようですが、一緒に遊んだり、歌ったりして過ごす時間もあるのでとても喜び、一段とにぎやかになっています。ブロックなどのおもちゃで遊んでいると、友達が持っているものが欲しくて取り合いが見られることもありますが、しばらくすると一緒に遊んだり譲り合ったりするなどして、子ども達のにっこり笑顔が見られます。                これからたくさんの友達と一緒に仲良く遊び、いろいろな活動をして、楽しい時間を過ごしたいと思います。一年間よろしくお願い致します。

  桃2組       ~みんなでがんばろう~           平成25年4月19日(金)

 桃2組15名の仲間でスタートし、3週間が経ちました。4月3日から覚え始めた「はらぺこあおむし」の歌も少しずつ覚えて、口ずさんでいる子どもが増えています。朝、保育園に来ると「あおむしのCD流して!」「今日は、あおむし聴く?」と楽しみにしています。                 子ども達は“三つ子の魂百まで”と言われるほど、とても大切な時期です。そんな時だからこそ「やればできる!みんなでがんばろう!」をテーマにさまざまな事に挑戦し、好奇心と向上心が満ちあふれる子どもを目指して進んでいきたいと思います。ご協力のほど、よろしくお願いします。

  竹組         ~元気いっぱい竹組さん~     平成25年4月19日(金)

  新しいお友だちが2人増え26名でのスタートになった竹組です。

「先生!お外で遊びたい!」と元気いっぱい、乗り物で競争したり「うんていができるようになったよ。」と披露してくれたり、伸び伸びと体を動かしている子ども達です。お昼寝がなくなり、ちょっぴり眠たそうにしていても「眠たくないもん。」と遊びに夢中になり楽しそうです。進級したことが嬉しくてたまらないようです。                      季節の変わり目体調管理に気をつけながら体を動かす遊びを取り入れていきたいと思います。

 松組         ~生ゴミで土作り~              平成25年4月19日(金)

 今年度も『生ごみリサイクル 元気野菜作り』に取り組んでいます。先日、松組さんと竹組さんが、家から『生ごみ』を持ちよりました。ブルーシートに生ごみを広げ、足で踏んで細かくし、EM(ぼかし)を入れ、みんなの手で混ぜました。それを畑に混ぜ、上からブルーシートをかぶせ、生ごみの分解発酵を待ちました。一週間後、シートをめくると白い『糸状菌』が見られました。子ども達は、「あっ、菌ちゃんがいた!」と大喜び。『菌ちゃん』によって分解されている為、生ごみ特有の嫌な臭いはなく、土に混ぜていた野菜などが少なくなっていました。また『菌ちゃん』が、土の中の生ごみを食べるように、みんな一生懸命に土を混ぜていましたよ。

 最上クラスになり、何事にもすごく意欲的な子ども達です。この『やる気』をしっかり伸ばして色んな体験をさせていきたいと思います。